何社登録?

おすすめ転職エージェント

転職サイトや転職エージェント 何社使う?【40代50代は複数登録すべき】

世の中に、「転職サイト」や「転職エージェント」は多数ありますが、

  • 1社に絞ったほうがいいのか、複数登録してもいいのか
  • 複数なら2~3社登録すればいいのか
  • 複数登録するとデメリットがあるのか
  • 次々と沢山登録してしまって構わないのか

などと悩んでいませんか?

最初はよくわかりません。

筆者も最初はわかりませんでしたので、恐る恐る登録していました。

結論から言うと、40代50代は、転職サイトや転職エージェントを何社も使うべきで、できる限り多くを併用していくべきです。

転職サイトや転職エージェントの利用は登録も無料、スカウトサービスも、転職が決まっても、最初から最後まで無料です。

安心してください。

(なおビズリーチは、無料登録できますが、有料会員サービスもあります)

筆者は50代で、年収1000万円の転職に2回成功しています。

40代でも、2回の転職経験があります。(追記です:この記事を執筆後に、50代で3回目の転職に成功しました)

転職活動の過程で、「中高年向けの情報」、「実体験に基づいた情報」が余りにも少なく不安を感じました。

そんな経験を持つ筆者が、実体験をふまえ一つずつ解説します。

 

40代50代は、ネット上の「転職サイトや転職エージェント何社使う」情報に注意

ネット上の情報の多くが20代30代向け

ネット上の「転職ノウハウや情報」には注意が必要です。

ネット上の情報の多くは、20代30代向けだからです。

なぜかというと

  • 企業が募集する中途採用ニーズは20代30代が多い
  • よって、求人案件にボリュームのあるのは20代30代
  • よって、転職が容易なのは20代30代
  • よって情報発信者は、20代30代向けに発信した方が効率的

そういうわけで、40代50代は情報を見る際、注意が必要です。

 

「転職サイトや転職エージェントを何社使うべきか」のよくある情報

このようなPRコメントには注意しましょう。

注意

  • 転職サイトや転職エージェントに、3つは登録しましょう
  • おすすめの転職エージェント5選
  • 最低でも2社、できれば3~4社併用することがおすすめ
  • 転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用しているという調査結果

これは、20代30代の若い世代向け情報です。

 

40代50代は、可能な限り多くの転職サイトや転職エージェントに登録すべきです。

登録を進めていくとわかりますが、登録はできても、その後相手にされないケースもあるのです。

登録後の面談に呼ばれなかったり、面談が済んでも求人案件紹介が無いこともあるのです。

一つ登録して、反応を待っているのは時間を浪費することになります。

まず、なるべく多く登録して、その中から反応の良いところが複数出てくるまで頑張るのがコツです。

かなり多くの「転職サイト」「転職エージェント」を探して回らなければ、使える先に巡り会えないのです。

 

「40代 転職エージェント 複数」、「50代 転職サイト 複数」など、年代も入れて検索してみてください。

その場合は、「複数登録すべき」というコメントの方が多くなります。

ただし、転職エージェント何社か複数登録すると、そのサイトを巡回する時間やメールを見る手間は必要になります。

 

「転職サイトや転職エージェントの謳い文句」にも期待しすぎないように。

注意

  • 登録するだけで、転職のプロからの客観的な意見をもらうことができます
  • 様々な視点からアドバイスをもらえる
  • アドバイザーが担当につき、転職活動を一貫してサポートしてくれる

これも、20代30代の若い世代向けの情報です。

40代50代は、可能な限り多くのサイトやエージェントに登録していかないと、アドバイスを貰えるコンサルタントやアドバイザーに巡り合える段階まで行くことができません。

筆者は40代50代で計4回の転職をしました。

その中で、膨大な求人案件に出会いました。

かなりの数の転職サービスに登録したから、膨大な求人案件に出会えたわけです。

また、数人の優秀なヘッドハンター(転職コンサルタント)と故意になりました。

かなりの数の転職サービスに登録していくうちに、何らかのきっかけで繋がっていくものです。

このサイトの様々な記事に、沢山の「実際に筆者が登録したレビュー」があるのはそういう理由です。

かなりの数のサービスに複数登録をして、多数のサービスを利用しましたので、全てのサービスで転職に至ったわけではありません。

(40代50代での転職は4回ですから)

 

おすすめの転職エージェント、転職サイトはこちらの記事で解説しています。

ハイクラス転職エージェント&転職サイトおすすめランキング|実際に活用

 

転職サイトや転職エージェントを何社も使う際、40代50代に必要な知識

転職サイトや転職エージェントは基本的に無料なので、次々と何社も複数登録してください

基本的に求職者からお金をもらわない仕組みです。

「転職サイト」、「転職エージェント」は、採用が決まった時に、企業側からその手数料をもらう仕組みです。

「転職サイト」、「転職エージェント」は、

  • 企業から、求人を集める努力
  • あなたが登録してもらう努力

をしているので、登録してもらわないと困るのです。

だから、遠慮する必要はありません

転職サイトや転職エージェントは基本的に無料なので、次々と何社も複数登録してください。

※ビズリーチは料金を払わないと全てのサービスが利用できません。

 

転職サイトや転職エージェントを何社も使うと徐々に、各サービスの特徴や分類が見えてきます

各サイトのサービスの内容が

  • 「転職ポータル的なサイト」なのか、「転職エージェントのサイト」なのか
  • 「総合的」なのか、「業種特化」なのか
  • 「ハイクラス向け」なのか、「ミドルクラス向け」なのか
  • 例えば同じリクルート系で、複数のサービスがあるのか

複数登録していくと、だんだんわかってきます。

反応を見ながら、これは使える、これは違うと学習していけばいいのです。

40代50代ですと、このサービスに合うのか合わないのかについては、比較的判断が容易です。

合わないサービスには、時間を使わずに、他のサービスの登録を進めればいいのです。

転職エージェント何社か登録し、多くのサービスを使えば使うほど、自分に合ったエージェントを比較・選択できる用になっていきます。

 

転職サイトや転職エージェントを何社も使わないと、40代50代は応募できる求人に巡り合うことが厳しい

特に50代は、応募できる案件自体が非常に少ない。

1つの「課題枠=募集枠」に対して、多くの人が立候補するわけです。

確率にすると、低いのが当たり前です。

ハイクラスの求人案件になると、もちろん非公開求人です。

匿名で転職サイトに公開されてもいない場合もあります。

さらにその中で、あなたの経験値に合う求人案件にたどり着くのは大変です。

数多くの案件に出会わないと、たどり着けないのは当たり前だと認識しましょう。

40代でも30代に比べると案件がぐっと減少します。

このサイトは「保有求人数」が○万件に安心してはいけません。

5万件保有していても、あなたと親和性がある案件は1件もないかも。

40代50代は、小規模な転職エージェントの方が、親和性がある案件がある場合が多いのです。

そういった転職エージェントに巡り合うまでが大変です。

更に大変なのは、登録しても面談までしてもらえないことが多いのです。

あなたは優れたキャリアを保有する人材かも知れません。

でも、そのエージェントがあなたと親和性のある案件を保有しているタイミングであるとは限りません。

その場合は、面談してくれないケースが大半です。

筆者の経験上は、そういうケースが多々ありました。

だから、多くの案件に出会うために、転職エージェントに何社か複数登録をしましょう。

 

40代50代が転職サイト転職エージェントを何社も使うメリット

転職エージェントに何社か複数登録すると、応募できる求人の幅を広げることができる

「転職サイト」、「転職エージェント」により保有する求人は異なります。

複数登録すれば、多くの求人及び非公開求人をカバーすることができます。

転職エージェントに何社か登録し、多くの求人案件に触れることで、あなたの可能性にも新たな気づきが出てきます。

応募して、落選していくうちに、応募すべき案件に詳しくなっていきます。

 

何社も複数登録を進めていく中での副次効果がある

事前に作成した、「職務経歴書」と「履歴書」が、各サービスの登録用に使い回しできます。

  • 「職務経歴書」と「履歴書」をそのままアップロードする場合
  • 「職務経歴書」と「履歴書」の各パーツをコピペする場合

の両方のケースがあります。

実は、次々と登録していく中で、「職務経歴書に関しての気付き」があります。

  • 文脈や言い回しはここを変えよう
  • 句読点の入れ方の修正
  • 自分の強みの新たな発見!

複数登録をしてみないと巡り会えませんでした。

職務経歴書の中の言い回し一つで、読み手の印象が変わり、書類選考を通過することもあります。

 

40代50代は、転職サイトや転職エージェントには、できる限り複数利用すべきです。

様子を見ながら、徐々に登録を増やしていくべきです。
すぐ、行動に移しましょう。

リクルートダイレクトスカウト

CAREER CARVER

  • 人材転職業界最大手のハイクラスヘッドハンティング型転職サイト
  • 年収800〜2,000万円の求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ
  • 質の高いハイクラス求人案件が豊富
  • 登録も活用も無料

リクルートダイレクトスカウトサイトはこちら

JACリクルートメント

  • 年収600万円からのミドル・ハイクラス層向けの転職支援に強い
  • マネージャー(管理職)・管理部門の求人が多い
  • キャリアアップ、ハイクラス転職を狙っている人向き
  • 外資系・グローバル企業に強い
  • サポートが良質
  • 登録も活用も無料

JAC Recruitment公式サイトはこちら

doda

  • 大手転職会社パーソルのメインサービス
  • 業界最大級の利用者数
  • サイトに掲載されている求人情報の数は国内最大級
  • 正社員のお仕事を中心に、さまざまなサービスを展開
  • 幅広い職種を紹介可能な総合型エージェントサービス
  • 登録も活用も無料

DODA(デューダ)公式サイトはこちら

ビズリーチ

  • CMでもお馴染みのハイクラス転職サービス
  • さらに年収をアップしたい方向け
  • 幹部職も多数
  • 年収600万円以上の求人が大半
  • ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイト
  • スカウトが受けられる
  • 登録無料

ビズリーチ公式サイトはこちら

  • キャリアコンサルタントが親身だと評判の転職エージェント
  • 人材業界の大手の一つ、株式会社パソナ展開するサービス
  • 「パソナ」は、人材派遣会社のイメージが強いが、転職エージェントとしても評判が高い
  • ミドル世代以降の転職支援実績も豊富
  • 非公開求人が8割
  • 登録も活用も無料

パソナキャリア公式サイトはこちら

リクルートエージェント
リクルートエージェント

  • 業界最大手のリクルートだから安心
  • 圧倒的な求人数
  • ほとんどの業種や職種に対応してもらえる
  • 20代~50代まで幅広い年齢の方に対応
  • 直接紹介される「非公開求人」の数は業界随一
  • 登録も活用も無料

リクルートエージェント公式サイトはこちら

コトラ
コトラ

  • プロフェッショナルなポジションをご紹介する転職エージェント
  • 銀行や証券、ファンド、コンサルティングファーム、経営幹部に強い
  • 製造業の各業界のハイクラス層に強い
  • 戦略コンサルや財務アドバイザリーのコンサルタントに強い
  • メーカー等事業会社の経営職や管理系のポジションに強い
  • 登録も活用も無料

コトラ公式サイトはこちら


特化型転職エージェントにも、こちらの記事を参考に登録を進めましょう。
ランキング
ハイクラス転職エージェント&転職サイトおすすめランキング|実際に活用

世の中に転職エージェント、転職サイトといったWEB転職サービスは数多くあります。 ハイクラス転職に成功するためには、ハイクラス向けの転職エージェント、転職サイトを選ぶことが肝心です。 ハイクラス向け転 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

ユージ

私は50代で2回の転職経験があり、どちらも年収1000万。40代でも2回の転職経験があります。(追記:ブログ開設後に50代で3回目の転職に成功しました)キラキラの経歴ではないところから転職をしてきています。もちろん転職活動では苦労をしました。流石にミドルから複数回の転職を経験をすると、様々な転職ノウハウが蓄積されるものです。ネット上には、転職者本人が実体験に基づく情報やノウハウをお伝えする情報が少ないので、私が解説しようと思いました。 もっと詳しく読む→詳しいプロフィール

-おすすめ転職エージェント