ランキング

おすすめ転職エージェント

ハイクラス転職エージェント&転職サイトおすすめランキング|実際に活用

世の中に転職エージェント、転職サイトといったWEB転職サービスは数多くあります。

ハイクラス転職に成功するためには、ハイクラス向けの転職エージェント、転職サイトを選ぶことが肝心です。

ハイクラス向け転職エージェントと転職サイトのおすすめランキングを解説します。

  • それぞれの転職エージェントや転職サイトにはポジショニングがあります。
  • 人材業界内でのポジション、つまりサービスの立ち位置があるのです。
  • それぞれの転職エージェントや転職サイトは、得意とする年収グレードや職種、業界、年齢層、ターゲットが異なるわけです。

 

特に40代50代のハイクラス転職を目指す方は、その転職サービスのポジショニングを深く理解する必要があります。

20代30代が主力ターゲットのサービスに登録し転職活動を継続しても徒労に終わります。

適切なハイクラス求人案件には巡り会えません。

 

また、ハイクラス転職を成功させるには、「非公開求人」に出会わないといけません。

「非公開求人」を紹介してもらうためには、2パターンあります。

ポイント

  • ハイクラス層をターゲットとした転職エージェントに登録すること。
  • ヘッドハンティング型転職サイトに登録して、ヘッドハンティングされること。

また、登録して使い始めてみると、自分と相性がいいのかどうかよくわかってきます。

登録しても相手にしてもらえず、求人案件の紹介がない場合もあるのです。

無料ですので、なるべく多く登録を進め、求人案件紹介があるかどうか反応を待つのがコツです。

 

この記事の執筆者

  • 転職活動で苦労してきた経験が沢山あり
  • 30代まで、華麗なキャリアを歩んできたわけではない
  • 40代で2回転職経験あり
  • 50代で年収1000万円の転職に2回成功(追記:実はこの記事を執筆後に50代で3回目の転職に成功しました)
  • このサイトの様々な記事を読んでいただければ、執筆者が実際に転職経験があることがわかります

ハイクラス転職に成功するために、まずは登録すべきおすすめの転職エージェントとおすすめのヘッドハンティング型転職サイトをランキング形式で紹介します。

全て実際に筆者が登録して活用したことがあるサービスのみ紹介しています。

 

この記事を読めば、困難と言われるハイクラス転職成功の近道が何であるかがわかります。

 

ハイクラス転職エージェント、ヘッドハンティング型転職サイト|おすすめランキング

 ハイクラス転職エージェント、ヘッドハンティング型転職サイトおすすめランキング一覧

順位 名称 特徴 タイプ デメリット 求人数
第1位 ビズリーチ CMでもお馴染みのハイクラス転職に必須のサービス ヘッドハンティング型転職サイト 一部サービスは有料
ハイクラス対象者以外には弱い
第2位 JACリクルートメント ハイクラス転職に特化していて、外資系転職にも強い 転職エージェント ハイクラス対象者以外には弱い
第3位 パソナキャリア 大手転職会社パソナグループのサービス 大手転職エージェント 総合型故、専門性には弱い
第4位 リクルートエージェント 人材転職業界の最大手企業のメインサービス 大手転職エージェント 総合型故、専門性には弱い
第5位 コトラ ハイクラス特化型、金融関係やコンサル、事業会社案件も 転職エージェント ハイクラス対象者以外には弱い
第6位 リクルートダイレクトスカウト 人材転職業界の最大手のサイト(旧キャリアカーバー) ヘッドハンティング型転職サイト ハイクラス対象者以外には弱い
第7位 doda 大手転職会社 大手転職エージェント&転職サイト 総合型故、専門性には弱い

 

 おすすめのハイクラス転職エージェント、ヘッドハンティング型転職サイトランキング

第1位 ビズリーチ


ビズリーチはテレビCMでもお馴染みのハイクラス向けヘッドハンティング型転職サイトです。

  • さらに年収をアップしたい方向け
  • 幹部職も多数
  • 年収600万円以上の求人が大半
  • ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイト
  • スカウトが受けられる

ビズリーチには様々な転職エージェント会社が参画しています。

参画している転職エージェントが求人案件を掲載したり、ヘッドハンティングをする「ヘッドハンティング型転職サイト」です。

企業からも直接スカウトが来る、ダイレクトリクルーティングといわれる仕組みも整っています。

他のサービスと違うのは、ビズリーチには登録に審査があります。

更に、有料会員にならないと全てのサービスを使うことができません。

  • 審査があり、かつ有料のサービスがあるというハードルがある故、転職意欲の高いエリートが集まる。
  • それにより、有力転職エージェントが力を注ぎ、企業のハイクラス案件が集まる。
  • 更にダイレクトリクルーティングという仕組みがある。
  • そのため、ハイクラス求人案件が充実して求職者が集まる。

という好循環を生み出しているシステムです。

企業の求人掲載、求職者の登録の双方に事前審査が行われることにより、質の高いマッチングを実現しています。

基本的な検索サービスなどは無料で利用できますが、プラチナスカウトの受信などの機能は有料会員への登録が必要となります。

会員は タレント会員  年収750万円未満の方対象 / 月額3,278円(税込)

ハイクラス会員 年収750万円以上の方対象 / 月額5,478円(税込)

誰でも、ビズリーチを利用すれば転職に成功するわけではありませんが、チャンスに近づくことは可能です。

ビズリーチをとおして、ハイクラス転職エージェントとつながりを持てます。

ビズリーチは筆者もフル活用してきているおすすめのヘッドハンティング型転職サイトです。

ビズリーチ登録活用体験談はこちら

 

第2位 JAC Recruitment

JACリクルートメントはエグゼクティブ転職実績No.1のハイクラス向け特化型転職エージェントです。

  • 年収600万円からのミドル・ハイクラス層向けの転職支援に強い
  • マネージャー(管理職)・管理部門の求人が多い
  • キャリアアップ、ハイクラス転職を狙っている人向き
  • 外資系・グローバル企業に強い
  • サポートが良質

国内の人材紹介会社のTOP5に必ず挙がる大手転職エージェント。

「ハイキャリア層向け」のサービスとして紹介されることが多く、キャリアアップを目指したい上昇志向の転職者におすすめのサービスです。

管理職やエグゼクティブ、スペシャリストなどのハイクラスポジションに特化して求人を集めていて、利用している人の大半が30代後半以上の人になっています。

ロンドン発祥の転職エージェントであり、グローバル求人案件、外資系求人案件にも強いのが特徴です。

登録も、活用も、転職決定もすべて無料です。安心して登録して大丈夫です。

なお、JACリクルートメントはハイクラス向け転職エージェントのため、スキルや経験が足りないと判断されれば、紹介を受けられないデメリットはあります。

JACリクルートメントでは、企業担当が求職者担当を兼任しています。

当然、自身の担当企業案件に関しては、企業の求める採用基準を熟知しています。

ヒアリングの初期段階で。把握している中から求人案件を出してくれる場合もあります。

もちろん後日、他の担当者が企業から取得した案件を閲覧し、そちらからも紹介してくれます。

JACリクルートメントは、筆者が転職活動のたびに利用しているおすすめのハイクラス転職エージェントです。(登録も活用も無料です)

JACリクルートメント登録活用体験談はこちら

 

ランキング第3位 パソナキャリア

パソナキャリアはハイクラス向けの年収700万円以上を目指す方におすすめの大手転職エージェントです。

  • キャリアコンサルタントが親身だと評判の転職エージェント
  • 人材業界の大手の一つ、株式会社パソナ展開するサービス
  • 「パソナ」は、人材派遣会社のイメージが強いが、転職エージェントとしても評判が高い
  • ミドル世代以降の転職支援実績も豊富
  • 非公開求人が8割

パソナキャリアは総合型の大手転職エージェントですので、比較的多くの人におすすめのエージェントです。

求人数では、「リクルートエージェント」や「doda」に次ぐ規模。

スタートアップ企業求人から、超大手企業求人まで取り扱っています。

コンサルタントの品質が非常に高く、2019年2020年2021年の2年連続でオリコン顧客満足度調査転職エージェント総合第1位を3年連続で獲得しています。

筆者の経験でもその評判通り、非常に良い印象の女性コンサルタントの方が担当でした。

転職エージェントとして国内トップの拠点数で、地方在住の方にもおすすめ

パソナキャリアでは、大手から中小まで幅広い求人を紹介していますが、ハイクラス向けサービスでは年収700万円以上を基準として、ハイクラス向け求人のみを紹介しています。

一般には公開されていない限定非公開求人も紹介してもらえるので、次のステージへステップアップしたい方におすすめの転職エージェントです。(登録も活用も無料です)

パソナキャリア登録活用体験談はこちら

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは人材業界最大手のメインサービス。求人数に強みがあります。

  • 業界最大手のリクルートだから安心
  • 圧倒的な求人数
  • ほとんどの業種や職種に対応してもらえる
  • 20代~50代まで幅広い年齢の方に対応
  • 直接紹介される「非公開求人」の数は業界随一

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、必ず登録すべき1社です。

公開求人だけでも10万件以上、非公開求人を含めると、その約3倍以上の求人を保有しています。(2021年11月時点)

実際筆者は登録してフル活用しました。

次々と紹介される求人案件の量と質が凄いのです。

先に登録した別の転職エージェントでは、紹介される求人案件の大半はAIが抽出した的外れなものでした。

リクルートエージェントではそんな事はありません。

きちんと的確な案件を、コンサルタントを介して抽出し、紹介してくれます。

もちろん、総合型転職エージェントですので、専門性という観点では弱くなります。

また、登録後に解説されるPearsonalDesktopというマイページ機能内では、高度な求人検索が可能です。

ハイクラスでの転職にあたってまずは、正に「王道」のリクルートエージェントは抑えておきましょう。(登録も活用も無料です)

リクルートエージェント登録活用体験談はこちら

 

第5位 KOTORA(コトラ)


コトラ
コトラはハイクラス特化型転職エージェントです。

  • 金融、コンサルティングファーム、経営幹部などのプロフェッショナルなポジションをご紹介する転職エージェント
  • 銀行や証券、ファンド、不動産金融などの金融スペシャリスト求人に強い
  • 製造業の各業界のハイクラス層に強い
  • 戦略コンサルや財務アドバイザリーのコンサルタントに強い
  • メーカー等事業会社の経営職や管理系のポジションに強い

コトラのコンサルタントは、大手企業で10年以上のキャリアを積んだ業界の専門家です。

金融・コンサル・経営幹部の紹介に特化したプロフェッショナル集団で、ベテランのコンサルタントが担当してくれます。

金融業界のなかでも、投資銀行や不動産金融、投資ファンド系と深いつながりがあります。

そういった業界は、投資やM&Aをするわけですが、その投資先は事業会社です。

その投資先の事業会社の経営幹部の求人案件が豊富になるわけです。

よってハイクラス層向けの求人案件も多く、サイト上で検索できる公開求人案件にも年収1000万円以上のものが多くあります。

またコトラはリクルートダイレクトスカウトにも参画しています。

筆者はコトラに直接登録して活用したことと、リクルートダイレクトスカウトを通して活用の両方の体験があります。(登録も活用も無料です)

 


CAREER CARVER

リクルートダイレクトスカウトは国内業界最大手のリクルート運営のハイクラス向けヘッドハンティング型転職サイトです。

  • 転職業界最大手のヘッドハンティング型転職サイト
  • キャリアカーバーというサービスがリニューアルし、リクルートダイレクトスカウトに
  • 高年収の求人が豊富
  • ハイクラス求人案件数がトップクラス
  • スカウトが受けられる
  • ヘッドハンターを自ら選んで相談をすることができる

「CAREER CARVER」というサービスが2021年11月から名称変更し、「リクルートダイレクトスカウト」になりました。

企業から直接スカウトが来る機能があることがイメージしやすい名称です。

ビズリーチと同様に、数多くの転職エージェント会社が参画している「ヘッドハンティング型転職サイト」です。

掲載された求人に応募することができ、ヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトを受けることも可能です。

また、全求人は約90,000件以上(2021年12月現在)と、高年収を狙う方にはおすすめできる転職サービスです。

すでにビズリーチに登録していても、リクルートダイレクトスカウトもセットで登録しておきましょう。

参画している転職エージェントはビズリーチと一部重なりますが、ビズリーチと求人案件が多く重なっているわけではありません。

ハイクラス転職を目指すには、リクルートダイレクトスカウトも活用必須です。(登録も活用も無料です)

リクルートダイレクトスカウト活用体験談はこちら

 

第7位 DODA(デューダ)


dodaはパーソルキャリアの大手転職エージェントです。

  • パーソルキャリア株式会社の転職サイト
  • 業界最大級の利用者数
  • サイトに掲載されている求人情報の数は国内最大級
  • 正社員のお仕事を中心に、さまざまなサービスを展開
  • 幅広い職種を紹介可能な総合型エージェントサービス

規模としてはリクルートエージェントに次いで、国内第2位です。

dodaの特徴は、求職者一人に対して以下2名のスタッフが転職をサポート。

  1. キャリアアドバイザーが基本担当のコンサルタント
  2. 採用プロジェクト担当という企業、業界に特化したアドバイザー

ハイクラスに特化しているわけではないので保有している案件は高収入求人だけではありません。

また、総合型転職エージェントですので、専門性という視点では弱みもあります。

ただし、扱っている求人数は業界トップクラスですので、その中に管理職や幹部案件が混ざって存在しています。(登録も活用も無料です)

doda登録活用体験談はこちら

 

どれかに絞るのではなく、おすすめのハイクラス転職エージェントや転職サイトは複数登録!

おすすめのハイクラス転職エージェントや転職サイトには複数併用すべし

以下のようなネット上の情報は、20代30代向けです。

注意:これは若い人向けのアドバイス

  • 転職エージェントは、2から3登録する
  • 転職サービスには、5つくらい登録する
  • 転職エージェントは一つに絞る
  • 多くに登録すると、スカウトへの返答や応募管理が煩わしい

ハイクラス転職の案件探しは簡単ではありません。

どんどんスカウトが来るわけではありませんし、求人案件の紹介が応募しきれないほど来るわけではありません。

(もちろん人によります)

とくに、40代50代のハイクラス案件だと、30代のハイクラス案件とニュアンスが違ってきます。

30代のハイクラスは一般的に、ハイキャリアの高年収層のキャリアアップ転職です。

40代50代ですと、管理職で経営幹部であることが多く、経歴と案件のジャストフィットが必要になります。

そのため広く案件を探さないと、的確な求人案件にたどり着けません

ほんの数社の転職サービスでは、永遠に見つからないこともあります。

ランキングとして順位をつけ並べましたが、筆者は全部登録活用しました。

 

複数登録についてはこちらの記事で解説しています。

転職サイトや転職エージェント 何社使う?【40代50代は複数登録すべき】

 

おすすめランキングのハイクラス転職エージェント、転職サービス以外も探すべし

転職サービスには、いくつかのタイプがあります。

同じタイプの転職サービスだけではいけません。

異なったタイプの転職サービスを組み合わせて、複数登録すべきです。

このくらいは登録しよう

  • 大手の転職エージェントに2~3
  • ヘッドハンティング型転職サイトに2~3
  • ハイクラス特化型などの専門性のある転職エージェントにも複数登録
  • 業種や業界特化型転職エージェントにも複数登録

「特化型転職エージェント」も、登録してみないと相性がいいかわかりません。

探していくと、驚くほど数があり、小さい会社もあります。

その小さい会社が「当たり」の場合もあります。

大手や中堅の転職エージェントからの独立組で、クライアントと結びつきが強い実力者のパターンが多いのです。

ただし、案件数は少ないので、求職者側も次々と諦めずに登録することが必要です。

筆者は「特化型転職エージェント」を通して転職に成功したこともあります。

 

ランキング以外の具体的な転職エージェント&転職サイトについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

40代50代のハイクラス転職におすすめの「転職サイト」「転職エージェント」比較

 

選んだ転職エージェントや転職サイトが自分に合うかは、使ってみるまでわからない

その転職エージェントや転職サイトのPR文だけでは自分に合うかどうかわかりません

合わない例

  • 使ってみたら、その転職エージェントの保有する案件が若者向けだけだった
  • 転職エージェントに登録したのに、コンサルタントとの面談をしてもらえない
  • 保有する案件の年収が自分の実績と離れすぎていた
  • 自分にあいそうなサービスなのに、たまたまその時期には相性の良い案件が無かった
  • 面談してみたら、コンサルタントと相性が悪かった

だから、迷っていないで登録して見るのが良いのです。

筆者の経験では、転職が決まった求人案件や企業面接に進んだ求人案件は、わりと意外なサービスのものでした。

登録するぶんには、転職サービス側は困りません。

登録者数が多いほうが、企業に対してアピールできます。

また、登録者が自社の保有案件に合わないと思ったら、案件紹介をしなければ良いだけです。

求職者は案件紹介がなく、面談もパスされますので、少しがっかりはします。

基本的に、「登録は職務経歴書の使いまわし」ですので、それほど手間がかかりません。

「自分のチラシ」は「多くの郵便受けにポスティング」した方が、転職成功の確率が高まります。

 

転職エージェント・転職サイト・ヘッドハンティング型転職サイトの違いの理解がハイクラス転職志向の方にはおすすめ

転職サイトとは

転職サイトのイメージ図

WEBサイト上のサービスです。

  • サイトに求人が掲載されていて、自由に検索、閲覧が可能。
  • あなたが選び、転職サイトの仕組みを通じて応募。
  • 企業が広告料を先払いし、一つのサービスを選ぶ傾向のため、サイト間の求人の重複は少ない。

 

転職エージェントとは

転職エージェントイメージ図

対人型のサービスです。

  • 転職エージェント会社の、キャリアアドバイザーと面談。
  • 1人の転職希望者に1人のキャリアアドバイザーが付き、相談に乗ってくれたり、求人を案内してくれたりする。(のが基本)
  • 転職エージェントを通して、企業に応募。
  • 採用が決まった時に企業からエージェントに手数料酬が支払われる仕組み。
  • 転職エージェントが違っても同じ求人を保有していることがあります。
  • 大手から中小まで様々存在します。
  • それぞれの転職エージェント会社は独自の「転職エージェントサイト」を保有しています。

 

ヘッドハンティング型転職サイトとは

ヘッドハンティング型転職サイトイメージ図

一つのサイト内に多くの「転職エージェント」を集めたWEBサイト上のサービスが「ヘッドハンティング型転職サイト」。

  • あなたの経歴やスキルを見たヘッドハンターからスカウトが届く。
  • そのサービスに多くの転職エージェント会社が参画。
  • 転職エージェント会社がサイトに求人を掲載
  • 求人は転職エージェント会社を通して応募。
  • 登録してスカウトを待ってみるだけでもOK
  • 一部企業からの直接スカウトの仕組みもあり

 

おすすめのハイクラス転職エージェント、転職サイトを利用する際のポイント

ハイクラス転職エージェントを利用し育成人材募集案件は諦めることがおすすめ

転職サイトには育成人材募集案件が数多くありますので注意が必要です。

育成人材募集の対象は若者です。

求人情報では具体的な年齢を記載しませんので、募集要項ではわからない場合も多いのが実情です。

年収の幅がやけに広いものには注意です。
20代30代活躍中はまずNGです。

育成人材募集案件にばかり応募するのは時間の浪費です。

 

ハイクラス転職エージェントに非公開求人を紹介してもらうことがおすすめ

「公開求人」だけに目を向けているのはNGです。

「非公開求人」を紹介してもらうことが、賢い転職活動のポイント。

転職エージェントのサイトにも求人案件がでているケースがよくあります。

しかし、本命は転職エージェントが裏から出してくれる「非公開求人」です。

ヘッドハンティング型転職サイトでも、見えている求人があります。

ヘッドハンティングされたとき、ヘッドハンターが提示してくれる「非公開求人」が本命です。

ハイクラス特化型は、ほとんどが「非公開求人」の場合があります。

表に出せない、企業からの匿名案件の場合が多いからです。

 

非公開求人に関してはこちらの記事で解説しています。

非公開求人とは?|転職エージェントに登録しないと見ることが出来ない

 

ハイクラス転職ではエージェントに送る履歴書の写真に注意することがおすすめ

面談に呼ばれるように、書類選考に通るようになるには、履歴書の写真に注意が必要です。

特に40代50代は、かなり気をつける必要があります。

特に初めての転職の方が見落としがちな点です。

採用する側の立場に立つと理解できます。

応募書類で一番先に目に入るのは写真です。

 

履歴書写真について、こちらの記事で詳しく解説しています。

40代50代|履歴書写真の撮影に要注意!転職活動初期ですぐ必要

 

ハイクラス転職ではキャリアの棚卸しをすることがおすすめ

キャリアの棚卸しをせずに、職務経歴書を書いてしまってはいけません。

職務経歴書は、単なる仕事内容の羅列ではありません。

一度書いてしまった職務経歴書も、キャリアの棚卸し後に加筆修正すると、面談に呼ばれやすく、書類選考に通りやすくなります。

 

キャリアの棚卸しについて、こちらの記事で解説しています。

キャリアの棚卸しのやり方【40代50代の転職活動では非常に重要です!】

 

職務経歴書に気をつけないとハイクラス転職エージェントの面談に呼ばれない

いちばん大切なのが職務経歴書です。

どんなに熱心に転職活動していても、転職エージェントも企業にも最初は会って何かを伝えるわけではありません。

まずは、職務経歴書しか相手に見えません

相手は職務経歴書でしか判断できません。

 

職務経歴書について、こちらの記事で詳しく解説しています

40代50代|職務経歴書「職務要約」「職務経歴」|転職多い場合の書き方

 

ハイクラス転職では転職エージェントの使い方を間違えると失敗

転職エージェントの使い方を間違えると、失敗します。

「転職エージェント」と「転職サイト」をよく理解することが必要です。

ハイクラス転職成功のためには「転職エージェント」をうまく使うことが必要です。

「転職エージェント」「転職サイト」活用の流れを理解することが必要です。

 

転職エージェントの使い方について、こちらの記事で詳しく解説しています。

転職エージェントの使い方|40代50代の転職を成功に導く!

 

おすすめのハイクラス転職エージェント、転職サイトの登録活用体験談

ビズリーチ

bizreach
40代50代転職|ビズリーチの評判|実際に登録して活用した口コミです

ビズリーチはテレビCMでもお馴染みですね。 CMが印象的ですので、多くの人が認知している大手転職サービスです。 他の転職サービスと異なるのは、ヒズリーチには登録の際、審査があることです。 審査は厳しい ...

続きを見る

JAC リクルートメント

jacrecuruitment
JACリクルートメントの評判|40代50代登録活用したレビュー

JACリクルートメント(ジェイ エイ シー リクルートメント)は、国内の人材紹介会社のTOP5に必ず挙がる大手転職エージェントです。 「ハイキャリア層向け」のサービスとして紹介されることが多く、「さら ...

続きを見る

パソナキャリア

pasona
パソナキャリアの評判|40代50代が実際に登録活用してみると?

なかなかスムーズには進まない40代50代の転職活動。 転職エージェント選びを間違えてしまうと、永遠に転職は決まりません。 それどころか、登録しても40代50代は求人案件を紹介してもらえない場合もありま ...

続きを見る

リクルートエージェント

recruitagent
リクルートエージェント体験談|40代50代が実際に登録活用した口コミ

転職エージェントとしていちばん有名なのは「リクルートエージェント」かも知れませんね。 リクルートエージェントの一般的な特徴です。 業界最大手のリクルートだから安心 圧倒的な求人数 在籍コンサルタント数 ...

続きを見る

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの評判|40代50代がスカウト受けた口コミ

リクルート系の中でも、ハイクラスの転職案件が多いと評判なのが「リクルートダイレクトスカウト」です。 テレビCMにも力を入れているようですが、「リクルートダイレクトスカウト」の評判はどうでしょうか? 参 ...

続きを見る

doda (デューダ)

doda
doda(デューダ)の評判は?|40代50代で実際に登録活用した口コミ

40代50代の転職は厳しいといわれています。 転職活動をすすめる上で、どの転職サービスを活用するのかは重要です。 dodaの評判はどうでしょうか? dodaは、40代50代の転職活動でも使えるのか気に ...

続きを見る

 

まずはおすすめのハイクラス転職エージェントや転職サイトに複数登録を

気になったサービスから順番に登録していきます。

更に、自分にあった「特化型転職エージェント」を探して登録していきます。

転職エージェントでも転職サイトでも、履歴書や職務経歴書は何回でも再登録可能です。

写真を取り直したり、職務経歴書をリライトした際は、メールで「ブラッシュアップ」しましたと送れば問題ありません。

「ブラッシュアップ」する求職者のほうが、熱心と思われて得をします。

よって、すぐ行動!が大切です。

職務経歴書は、後で訂正OKです。

転職成功に向けて、行動してください。

 

おすすめの転職サイト&転職エージェント

ビズリーチ
CMでもお馴染みのハイクラス転職サービス
ビズリーチ公式サイトはこちら

JACリクルートメント
ハイクラス転職に特化、外資系転職にも強い
JAC Recruitment公式サイトはこちら

パソナキャリア
大手転職会社パソナグループのサービス
パソナキャリア公式サイトはこちら

リクルートエージェント
人材転職業界の最大手企業のメインサービス
リクルートエージェント公式サイトはこちら

コトラ
ハイクラス特化、金融やコンサル、事業会社も
コトラ公式サイトはこちら

リクルートダイレクトスカウト
人材転職業界の最大手のハイクラス転職サイト
リクルートダイレクトスカウト公式サイトはこちら

doda
大手転職会社パーソルのメインサービス
DODA(デューダ)公式サイトはこちら

 

 

▼あわせて読みたい記事▼

転職活動手順
転職活動の手順をステップごとに徹底解説|40代50代の転職成功!

一般的には、40代50代の転職は大変厳しいといわれています。 そんな中、転職に成功している人も多くいます。 40代50代の転職方法は、20代30代の転職方法と異なる点があります。 40代50代の転職成 ...

続きを見る

 

 

People illustrations by Storyset

  • この記事を書いた人

ユージ

私は50代で2回の転職経験があり、どちらも年収1000万。40代でも2回の転職経験があります。(追記:ブログ開設後に50代で3回目の転職に成功しました)キラキラの経歴ではないところから転職をしてきています。もちろん転職活動では苦労をしました。流石にミドルから複数回の転職を経験をすると、様々な転職ノウハウが蓄積されるものです。ネット上には、転職者本人が実体験に基づく情報やノウハウをお伝えする情報が少ないので、私が解説しようと思いました。 もっと詳しく読む→詳しいプロフィール

-おすすめ転職エージェント