転職活動手順

転職活動の進め方

転職活動の手順をステップごとに徹底解説|40代50代の転職成功!

一般的には、40代50代の転職は大変厳しいといわれています。

そんな中、転職に成功している人も多くいます。

40代50代の転職方法は、20代30代の転職方法と異なる点があります。

40代50代の転職成功のコツがあります。

 

しかし、ネット上に溢れる転職に関する情報は、転職ニーズのボリュームが大きい20代30代向けが大半です。

40代50代で転職を成功させたい方にとっては、情報が足りないと感じているのでは無いでしょうか。

特に、ハイクラス転職を目指している方向けに、詳細に解説していきます。

迷いを脱し、転職市場を理解し、転職サービスの選び方、具体的な活動の手順と書類作成から面接までとなります。

筆者は50代で、年収1000万円の転職に2回成功しています。

40代でも、2回の転職経験があります。

(追記:実はこの記事を執筆後に50代で3回目の転職に成功しました)

毎回転職活動は簡単ではありませんでした。

自身のこれまでの4回の転職活動の中で、ネット上を探しても、

  • 「20代30代向けではなく、40代50代向けの情報」
  • 「実際に様々なサービスに登録して活用した人の情報」
  • 「転職者本人の書いたレビューや口コミ」

が余りにも少ないと感じました。

流石に、ミドルから4回の転職活動をすると、様々な転職活動のコツがわかってきます。

そんな経験を持つ筆者が、実体験に基づき、40代50代の転職成功のコツを詳しく解説していきます。

 

転職活動の手順はまず「見切りをつけた方がいい会社」か見抜くこと

現象問題原因の氷山

見切りをつけた方がいい会社で起きていること

転職を思い立ち、転職活動について下調べしながらも、なかなか踏み出せない人が多いのではないでしょうか。

転職したほうがいいかもと思いながらも、ズルズルとときが過ぎていきます。

  • そんな状態だと、日曜の夕方から憂鬱です。
  • もっとひどいと、毎日会社に行くのが憂鬱です。
  • 転職活動が面倒なので腰が重く、後伸ばしにし続けていくものです。

見切りをつけたほうがいい会社で起きていることは、

  • 人間関係が悪い
  • 残業するのが当たり前
  • 残業するのが当たり前
  • 社員を大切にしない
  • 待遇が悪い
  • 教育制度が無い
  • 無駄な作業が多い
  • 意味のない定例会議
  • 企業風土が悪い
  • 優秀な人が辞めていく
  • 無能な人が何故か昇進している
  • 就業規則を社員が閲覧できない
  • 試用期間中に社会保険や健康保険が未加入

こういったことです。

 

「見切りをつけた方がいい会社で起きていること」を「生んだ問題」と「その原因」

「見切りをつけた方がいい会社で起きていること」を「生んだ問題」は業績と成長性です。

会社の考えが古いのも、「見切りをつけた方がいい会社で起きていること」を「生んだ問題」です。

また、社内政治がはびこっているのも「見切りをつけた方がいい会社で起きていること」を「生んだ問題」です。

そして、「見切りをつけた方がいい会社で起きていること」を「生んだ問題」の「根底にある原因」は結局人です。

 

見切りをつけた方がいい会社から転職するタイミング

見切りをつけた方がいい会社から転職するタイミングはなるべく早いほうが良いです。

転職の前に社内でできる限りのことをやりましょう。

今後の会社のために、言うべきことは進言しましょう。

辞める前提なので、今まで言いにくかったことも言えると思います。

 

見切りをつけた場合の具体的な行動指針

会社は守ってくれません。
終身雇用は徐々に崩壊してきています。

転職には、転職エージェントをうまく使うことが必須です。

40代50代転職成功のコツは決断のために見切りをつけた方がいい会社か見抜くことです。

 

見切りをつけたほうがいい会社で起きていること|その原因、転職の決断についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

現象問題原因の氷山
【見切りをつけた方がいい会社で起きていること】その原因、転職の決断

見切りをつけた方がいい会社と感じていながら、ただただ会社に不満を抱き続けながら働き続けている人は多いのではないのでしょうか。 もしかしたら思い切って転職したほうがいいかも知れない、見切りをつけた方がい ...

続きを見る

 

転職活動の手順2は「転職すべきか?留まるべきか?迷ったときの頭の整理」

迷う

転職すべきか今の会社に留まるべきかどうか、人生の一つの大きな岐路ですので悩みます。

転職活動をしようと思っていても、日頃の忙しさもあり、時間だけがどんどん過ぎていくこともあります。

既に転職しなくてはならない状況に追い込まれているが、頭の中の整理が出来ずに困っているケースもあるでしょう。

 

そんな際はまず、何で迷うのかを整理します。

現在40代50代の方は、なんとなく終身雇用の概念が頭の中にあります。

また、「転職は20〜30代がするもの」というイメージが強いと思います。

転職の経験がない方や、20代以来、転職を経験してない方もいらっしゃると思います。

経験が無いことから転職の方法がよくわからなくて迷うのかも知れません。

また、転職が頭の中に浮かんでも、つい消極的になってしまう場合も多いかも知れません。

転職はリスクが高く感じるの、次の仕事が見つかるのか不安で迷うこともあると思います。

確かに、筆者も初めての転職は不安でした。

でも、後から考えると、超優良安定企業におすすめの方でない限りは、一社にずっといて転職したことがない事の方が恐ろしく感じます。

早く転職を経験してしまったほうが勝ちです。

仕事においては、理路整然とファクトとロジックで判断するのに、自分の転職となると感情が中心の思考になりがちです。

転職したい理由を明確にし、ファクトとロジックで判断すると楽になります。

 

また、時代背景が大きく変化していることも把握する必要があります。

70歳定年に向けて動いているのとは反対に、役職定点の地獄、再雇用後の地獄。

リストラ、早期退職、退職勧告、業績悪化。

事実上の終身雇用の崩壊を迎えています。

転職すべきか?踏み切れない!迷った時に決断は早いほうがいいようです。

40代50代転職成功のコツは転職すべきか?留まるべきか?迷ったときの頭の整理です。

 

迷ったときの考え方は、こちらの記事で詳細について解説しています。

迷う
転職迷う40代|踏み出すかとどまるか?迷うのは時間の浪費?

転職すべきか、退職を決断すべきか、今の会社にとどまるべきか迷います。 転職は人生の一つの大きな岐路になります。 40代で転職すべきか迷う人は非常に多いと思います。   50代でも、役職定年や ...

続きを見る

 

 

転職活動の手順3は「初めての転職の恐怖の対処」

初めての転職怖い
初めての転職が怖いと感じる理由

転職活動開始にあたって、初めての転職が怖いと感じる理由

  • 慣れた環境が変わることが怖い、人間関係が変わることが怖いと感じます。
  • 長年同じ会社で過ごした集団活動から外れることを怖く感じます。
  • そもそも転職先で、仕事についていけるのか怖いと感じます。

転職活動で、初めての転職が怖いと感じる理由

  • 転職が決まらないのが怖いと感じます。
  • 書類選考や面接で落ちるのが怖いと感じます。
  • 転職活動で新しく人間関係を結ぶのが怖いと感じます。
  • 今まで勤めていた会社に辞めると伝えるのが怖いと感じます。

内定したものの、入社前に転職が怖いと感じる理由

転職先での失敗が怖いと感じ始めます。

この会社を選んだことを怖いと感じ始めます。

転職先に馴染めるか怖いと感じ始めます。

 

怖いと感じても初めての転職に踏み出すための対処法

転職が怖い理由を感情ではなく理性で分析する。

怖くても初めての転職に踏み出すべき転職のメリットを考えます。

  • 視野が広がります。
  •  転職活動自体の経験が得られます。
  •  度胸がつきます。
  • 転職しないのはもっと怖いと知る。

転職が怖いなら転職経験者に相談することです。

取り敢えず、おすすめの転職エージェントに登録をしましょう。

40代50代の転職成功のコツは初めての転職の恐怖の対処です。

 

こちらの記事で詳細について解説しています。

連絡が来ない
転職エージェントから連絡がこない理由と対処法|ミドルのハイクラス転職

転職エージェントから連絡がこなくて困っていませんか? 転職エージェントに登録したのに連絡がこない 転職エージェントと面談したのにその後連絡がこない 転職エージェントの求人案件に応募したのに連絡がこない ...

続きを見る

 

 

転職活動の手順4は転職市場の把握

マーケット

40代50代が転職を考える上では転職市場の把握が欠かせません。

転職を成功に導くために、様々な角度から、転職市場を理解しておく必要があります。

 

40代50代の転職には時間がかかる

転職活動に要する期間を予め認識しておくことが必要です。

「あなたにとって適切な求人案件」に巡り合うまでに非常に時間がかかります。

応募しても、多くの候補者の中から選考するわけですので、時間を要します。

それ以上に、転職活動に慣れるのに時間を浪費して、遠回りしてしまうことがあります。

その遠回りについては、このサイトの情報を見ることにより、避けることが出来ます。

 

あなた側の条件で転職市場が変化

あなた側の条件により、転職市場の捉え方が変わってきます。

正社員にこだわるべきか、探す求人の職種や業界をどう考えるかなど、こちら側の条件も整理する必要があります。

条件より転職市場の見方が変わり、狭まったり広がって見えたりします。

この作業により、今まで見過ごしてきた求人案件や、検索から排除してきた求人案件が目に入ってくるものです。

 

企業側から見た40代50代の求職者

そして、企業側から見た40代50代の求職者も把握しておく必要があります。

40代50代の求人ニーズの実態は、一般的には壊滅状態のように見えて、実はチャンスがチラチラあることも、徐々に見えてくると思います。

40代50代転職成功のコツは転職市場の把握をすることです。

 

こちらの記事で詳細について解説しています。

絶望
40代50代が転職で絶望する必要なし!|転職市場を把握し理解する

40代50代が転職に絶望?! ミドル世代以上の転職は非常に厳しいといわれています。 リストラ、早期退職、役職定年、退職勧告。 終身雇用が事実上崩壊しつつある近年は、転職活動を始めている40代50代の方 ...

続きを見る

 

 

転職活動の手順5は「仕事の探し方の正しい選択」

仕事探し

紹介、縁故

紹介、縁故で転職が可能なら、それはもちろんおすすめです。

紹介、縁故はめったにあるものではないです。

あなたも紹介や縁故がないので、この記事を読んでいるはずです。

あれば既に転職していますよね。

また、縁故で入っても後が面倒かもしれません。

 

ハローワーク

40代50代転職者で、まずハローワークを利用する方は今も多いです。

企業にとって、民間の職業紹介サービスである転職エージェントは、採用できた時に大きなコストがかかります。

ハローワークの求人は企業にとって無料です。

つまり、無料で採用したい求人案件が掲載されているということです。

確かに、求人を探すことは出来ますが、あなたの望む案件は出ていません。

 

求人誌、求人折込チラシ、新聞広告、フリーペーパーなどの紙媒体

介護、警備、清掃などが中心です。

つまり、旧来型の定番求職方法が、高齢者向けになっているということです。

 

WEB上の転職サービス

おすすめはWEB上の転職サービスです。

転職サービスには、「転職エージェント」と「転職サイト」があります。

ただし転職サービスの「選択ミス」には注意が必要です。

自分に合わない転職サービスに申し込み、そのサービスの中で求人探し時間を浪費することは避けたいものです。

 

こちらの記事で詳細について解説しています   ▼あわせて読みたい記事▼

おすすめの転職エージェント、転職サイト

全て、実際に登録活用したサービスです。

リクルートダイレクトスカウト

CAREER CARVER

  • 人材転職業界最大手のハイクラスヘッドハンティング型転職サイト
  • 年収800〜2,000万円の求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ
  • 質の高いハイクラス求人案件が豊富
  • 登録も活用も無料

リクルートダイレクトスカウトサイトはこちら

JACリクルートメント

  • 年収600万円からのミドル・ハイクラス層向けの転職支援に強い
  • マネージャー(管理職)・管理部門の求人が多い
  • キャリアアップ、ハイクラス転職を狙っている人向き
  • 外資系・グローバル企業に強い
  • サポートが良質
  • 登録も活用も無料

JAC Recruitment公式サイトはこちら

doda

  • 大手転職会社パーソルのメインサービス
  • 業界最大級の利用者数
  • サイトに掲載されている求人情報の数は国内最大級
  • 正社員のお仕事を中心に、さまざまなサービスを展開
  • 幅広い職種を紹介可能な総合型エージェントサービス
  • 登録も活用も無料

DODA(デューダ)公式サイトはこちら

ビズリーチ

  • CMでもお馴染みのハイクラス転職サービス
  • さらに年収をアップしたい方向け
  • 幹部職も多数
  • 年収600万円以上の求人が大半
  • ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイト
  • スカウトが受けられる
  • 登録無料

ビズリーチ公式サイトはこちら


  • キャリアコンサルタントが親身だと評判の転職エージェント
  • 人材業界の大手の一つ、株式会社パソナ展開するサービス
  • 「パソナ」は、人材派遣会社のイメージが強いが、転職エージェントとしても評判が高い
  • ミドル世代以降の転職支援実績も豊富
  • 非公開求人が8割
  • 登録も活用も無料

パソナキャリア公式サイトはこちら

リクルートエージェント
リクルートエージェント

  • 業界最大手のリクルートだから安心
  • 圧倒的な求人数
  • ほとんどの業種や職種に対応してもらえる
  • 20代~50代まで幅広い年齢の方に対応
  • 直接紹介される「非公開求人」の数は業界随一
  • 登録も活用も無料

リクルートエージェント公式サイトはこちら

コトラ
コトラ

  • プロフェッショナルなポジションをご紹介する転職エージェント
  • 銀行や証券、ファンド、コンサルティングファーム、経営幹部に強い
  • 製造業の各業界のハイクラス層に強い
  • 戦略コンサルや財務アドバイザリーのコンサルタントに強い
  • メーカー等事業会社の経営職や管理系のポジションに強い
  • 登録も活用も無料

コトラ公式サイトはこちら

40代50代の転職成功のコツは、適切なてんしょくえ、転職サイトに登録することです。

 

転職先探し方について、こちらの記事で解説しています。

仕事探し
転職先探し方|40代50代はハローワーク?転職サイト?求人誌?

20代30代は、転職する人が増えていて、転職が普通になりつつあります。 転職サービスが色々あり、通勤電車の広告にもテレビのCMにも良く出てきます。 でも、40代50代は仕事どこで探すの? 皆はどうして ...

続きを見る

 

転職活動の手順6は「相談相手を間違えないこと」

転職相談
40代50代の転職の相談先は「恋人・友人」がいい?

とても親身になってはくれます。

しかし、転職に詳しいとは限りません。

現状のあなたの会社の状況の理解も必要です。

転職先候補の業界や求人ニーズにも詳しくないといけません。

相談に乗ってもらい、有益なアドバイスを期待すべきではありません。

 

40代50代の転職の相談先は「配偶者」が妥当?

反対される可能性が高いでしょう。

子供がいる場合は転職のリスクを考えてしまいます。

恋人・友人と同様に、現状のあなたの会社の状況の理解も薄いでしょう。

安定的に稼いでくること以外には否定的になりがちです。

収入はどうなるのか?転職に失敗したら?など、転職の話を持ち出した瞬間から不安材料が増えるわけです。

 

 40代50代の転職の相談先は「職場の上司・同僚」が頼りになる?

会社で転職の話は厳禁です。

噂話は広がります。

仕事がやりにくくなります。

転職を考えていることが会社に伝わってしまえば、社内で自分の評価が下がります。

会社にいづらくなります。

それがきっかけで、退職せざるを得ない状況になるかもしれません。

転職の相談相手としては、上司や同僚を避けるべきです。

 

 40代50代の転職の相談先は「既に他社に転職した先輩社員・昔の同僚」がいい?

既に他社に転職した先輩社員・昔の同僚は、おすすめの相談相手の1つです。

過去に同じ職場で働いていましたので、あなたの会社の状況や職務の理解があるわけです。

すでに転職実績のある人のアドバイスや経験談は、企業な情報です。

転職活動のやり方、転職先での体験談は参考になります。

 

「ハローワークの相談窓口」?「東京しごとセンター」?「おしごとアドバイザー」?

  • ハローワークは、転職に関する相談を受け付けている厚生労働省が運営する公的な窓口です。
  • 東京都から委託を受けているのが「東京しごとセンター」です。
  • 厚生労働省も転職の無料相談窓口を用意しているのが「お仕事アドバイザー」です。

公共機関なので安心して相談できます。

だし、転職エージェントのように求人の紹介はないため、転職活動自体は別に自分で行う必要があります。

 

40代50代の転職の相談先は「転職エージェント」がメイン

転職エージェントへの相談が一番でしょう。

民間の業者である転職エージェントに転職関連の昨日や情報が集中している世の中です。

転職市場について精通していて、最新の情報を持っている

転職の選考プロセスに精通している

複数の業界のキャリアについて精通してる

プロとして客観的なアドバイスが可能

多くの転職者をサポートしてきた経験がある

相談だけでなく、具体的な高待遇の求人案件の紹介が得られるのはほぼ転職エージェントのみです。

40代50代の転職成功のコツは相談相手を間違えないことです。

 

転職の相談相手について、こちらの記事で詳細について解説しています。

転職相談
40代50代は転職の相談を誰にすればいいのかわからない

40代50代は転職について悩みます。 ところが、40代50代は転職の相談を誰にすればいいのかわかりません。 恋人・友人? 配偶者? 職場の上司・同僚? 既に他社に転職した先輩社員・昔の同僚? ハローワ ...

続きを見る

 

 

転職活動の手順7は「転職エージェント、転職サイトの活用」

サービス

「転職エージェント」「転職サイト」へ登録する

40代50代の転職を成功させるためには、20代~30代以上に、「転職エージェント」「転職サイト」の活用が必須です。

「転職エージェント」「転職サイト」を活用し、あなたに合う求人案件を効率良く手に入れる必要があります。

転職サイトや転職エージェントの利用は登録も無料、スカウトサービスも、転職が決まっても、最初から最後まで無料です。
安心してください。

(ビズリーチのみは、無料で登録も可能ですが、有料会員サービスもあります)

人材会社が発展し、多様なインターネット上のサービスを展開しています。

その影響もあり、企業サイドが中途採用を書ける際は、そのサービスを利用することが主流になっています。

この「転職エージェント」「転職サイト」へ登録することが、転職活動の第一歩です。

登録をしても、すぐ自分にあった求人案件に巡り合うことは無いと考えてください。

 

「転職エージェント」「転職サイト」を良く理解する

「転職エージェント」「転職サイト」を良く理解することが必要です。

転職エージェントと転職サイトとの違いも最初はわからない状態だと思います。

 

転職サービスのポジショニングを把握する

名前は聞いたことがあると思いますが、転職サービスを提供する企業が様々あります。

そして、各社が「対象となるキャリアや年収グレードの異なる複数のサービス」を運営しています。

多くの転職サービスが独自のポジショニングに位置していることがわかってきます。

 

登録を進め始める

次に転職サイト、転職エージェントに登録を進め始めてみましょう。

登録を進めると、あなたに合う「転職エージェント」「転職サイト」が見えてきます。

つまり徐々に、自分にあったポジショニングのサービスが見えてきます。

 

転職エージェント、転職サイト利用の流れを理解する

そして、転職サイト、転職エージェント利用の流れを理解しておくことがも大切です。

基本的な流れは

  1. 登録
  2. 審査
  3. 面談
  4. 職務経歴書、履歴書の提出
  5. 求人の紹介
  6. エージェントを通しての応募
  7. 面接の日程調整
  8. 面接
  9. 合否の連絡
  10. 内定

ですが、こんなにスムースには進みません。

このプロセスのどこかで躓くケースが大半です。

なぜ、躓くのか、あらかじめ理解しておくと心が折れるのを防ぐことが出来ます。

また、転職サービスにより、プロセスが若干ことなることにも理解が必要です。

40代50代転職成功のコツは転職エージェント、転職サイトの活用です。

 

転職エージェントの使い方について、こちらの記事で詳細について解説しています。

転職エージェントの使い方
転職エージェントの使い方|40代50代の転職を成功に導く!

40代50代の転職は、非常に厳しいといわれています。 以前から「転職は35歳が限界」と言われています。 更にその上の40代50代となると転職の難易度が高いことは事実です。 特に50代になると一般的には ...

続きを見る


具体的なおすすめの転職エージェント、転職サイトに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

ランキング
ハイクラス転職エージェント&転職サイトおすすめランキング|実際に活用

世の中に転職エージェント、転職サイトといったWEB転職サービスは数多くあります。 ハイクラス転職に成功するためには、ハイクラス向けの転職エージェント、転職サイトを選ぶことが肝心です。 ハイクラス向け転 ...

続きを見る

転職サーピスのポジショニングマップ
40代50代のハイクラス転職におすすめの「転職サイト」「転職エージェント」比較

40代50代の転職は非常に厳しいといわれています。 特に40代50代がハイクラス転職を成功させるためには、20代30代以上に転職サイトや転職エージェントをうまく使うことが必須です。 40代50代のハイ ...

続きを見る

 

転職活動の手順8は「履歴書写真の撮り方」

写真

昔は、企業に応募するまで、写真の用意は必要ありませんでした。

面接で履歴書が必要になるときに、慌てて用意していました。

今の転職は違います。

  • 転職サイトに登録する際に
  • 転職エージェントに登録する際に

転職活動を始めると、すぐに写真が必要になります。

写真がないと、転職活動が始まりません。

証明写真を取るには、いくつかの選択肢があります。

コンビニ近くとか駅にある、セルフ証明写真機も最近は性能がUPしています。

駅前とかにある個人経営の写真屋さん、もしくは写真館、写真スタジオで撮りましょう。

転職エージェントは、登録書類に目を通したり、応募後の書類選考をする時、あなたの写真から見始めるのではないでしょうか。

企業の書類選考も、あなたの写真から見始めるのではないでしょうか。

企業の担当者には、写真の印象があなたの印象として、既に面接前に、頭に焼き付いているはずです。

なお、面接写真には、電子データも必要です。

40代50代転職成功のコツは「履歴書写真」の撮り方です。

 

履歴書写真については、こちらの記事で詳細について解説しています。

証明写真
40代50代|履歴書写真の撮影に要注意!転職活動初期ですぐ必要

履歴書写真は軽視厳禁。 厳しい40代50代の転職では、履歴書写真について最新の注意が必要です。 履歴書の写真で失敗は避けたいですよね。 この記事では、履歴書写真についての注意事項を解説しています。 & ...

続きを見る

 

 

転職活動の手順9は「履歴書の作成」

履歴書

履歴書は採用担当者が最初に目を通す書類です。

あなたの学歴や職歴を伝える重要なツールのひとつです。

手書きにこだわる企業は、流石に今はありませんので、パソコンで作成した履歴書が主流になっています。

エクセルではなく、ワード形式が基本です。

ここが問題です。

筆者のように転職経験の多い場合だと、「学歴や職務経歴が表に収まりきらない」問題が発生。

エクセルだと、チョチョイのチョイなのに、ワードの表だと、行の追加など加工が大変です。

ワードの履歴書に証明写真の画像データを入れるのも、コツが入ります。

何回か転職すると、「職務経歴書は西暦」「履歴書は和暦」みたいな暗黙のルールに気が付きます。

そして、作成には「記憶との戦い」が必要となります。

特に、過去の転職の「月」を思い出すのにかなり苦労します。

「年」はわかっても「月」は昔の資料を探さないとわからなかったりします。

40代50代転職成功のコツは履歴書の作成です。

 

履歴書作成は、こちらの記事で解説しています。

履歴書
40代50代の転職活動|履歴書作成注意点!|ここがポイントです

もしあなたが初めての転職だったりした場合戸惑うことの一つが、履歴書です。 当然、新卒就活依頼の作成です。 過去に転職経験があっても、時が経つとノウハウが変化していますので戸惑います。 筆者は50代で、 ...

続きを見る

 

 

転職活動の手順10は「キャリアの棚卸し」

キャリア

次にクリアすべきプロセスが「キャリアの棚卸し」です。

これまであなたが積み重ねてきた経歴やスキル、職務能力、長所、アピールポイントを振り返ります。

どんな経験や成長があったのかを整理確認します。

今後の適正な転職活動とキャリアの方向性を決めるためにも必要です。

 

過去の経歴のどこかに「転機」があるものです。

それまでの自分のキャリアと心境と環境が変化する出来事です。

この「転機」を整理することと、「どう乗り越えたか」を整理するのがキャリアの棚卸しの山場です。

思い出すのが嫌な作業であるかも知れません。

心が痛む思いが潜んでいるからこそ、その後のキャリアや仕事に対する意識に大きく影響しているものではないかと思います。

キャリアの棚卸しによって、自分では忘れていた事件や上司との出会いや出来事の中に、自分が大事にしている仕事観を発見することもあります。

掘り下げることで、自分でも気付かなかった自分の価値観仕事観を把握できます。

これが今後の求人案件の選別を左右します。

この「キャリアの棚卸し」を行うことで血肉が通ったもの、キャリアのどこかに欠点は合っても、自分自身が堂々と話せる内容になっていきます。

そして、職務経歴書でアピールすべきことが整理できます。

また、自分の今のスキルと経験で貢献できる企業はどこなのか」を明確化することができます。

40代50代転職成功のコツはキャリアの棚卸しです。

 

キャリアの棚卸しは、こちらの記事で詳細について解説しています。

キャリア
キャリアの棚卸しのやり方【40代50代の転職活動では非常に重要です!】

なかなかうまく進まない40代50代の転職活動が好転するきっかけが「キャリアの棚卸し」です。 キャリアの棚卸しを丁寧にすると、書類選考に通過したり、面接がうまくいきやすくなります。 具体的な「キャリアの ...

続きを見る

 

 

転職活動の手順11は「職務経歴書の書き方」

職務経歴書

40代50代の転職において、非常に大切な職務経歴書。

転職エージェントも企業も、職務経歴書であなたを判断するしかありません。

職務経歴書が悪いと、転職エージェントの面談にもたどり着きません。

転職エージェントが通過しても、企業の書類選考が通らないことももちろんあります。

作成を始めると様々戸惑うことになります。

ネット上にあるサンプルの文面は、ほとんどが若い人用で参考になりません。

更に、40代50代は2ページではとっても収まりません。

40代50代の場合は、今に至るまでが、ストーリーになるように作文しなければいけません。

転職エージェントのコンサルタント、ヘッドハンターが読んだ時に引き込まれるドラマになっている必要があります。

企業の採用担当者、役員や社長が、読んだ時に引き込まれるドラマになっている必要があります。

まず、職務経歴書の冒頭の職務要約の記述が「関所」です。

関所を通過しないと、「転職エージェントとの面談」、「企業の面接」には行き着きません。

40代50代だからこそ、この作文が腕の見せ所と思うべきです。

次に「職務詳細」部分

職務詳細は「逆時系列式」にして、直近の業務経験を最も強調した流れとなっています。

40代50代の職務経歴書はこの、「逆時系列式」が安全でしょう。

いざ書き始めると、思い出すのが大変でした。

最後の方で、自己PRや強みを書くことになります。

強みの書き方をネットで探したところで、多くの情報が若い人向けのHOW TO的なものです。

40代50代は、一体何が強みなのか、転職活動自体が、それを問い直す機会となります。

これが40代の転職でも、50代の転職でも、「孤独な転職における主軸の工程」でした。

筆者の経験からすると、これを突き詰めることで、転職後の仕事が良い方向に向かう為の力になる場合もありました。

「キャリアの棚卸し」をパスして職務経歴書の作成をすると、転職活動の遠回りをする可能性があります。

一旦、職務経歴書を作成してしまい、キャリアの棚卸しを行った後に職務経歴書を書き直すこともおすすめです。

転職サイト上の経歴入力も上書きが可能ですので、何度でも書き換えられます。

転職エージェントへの職務経歴書の再提出も問題ありません。

メールで差し替えをお願いし、貼付による再提出を行えばよいのです。

筆者は最初は遠慮していましたが、転職活動を行う中で、職務経歴書のブラッシュアップ再提出をしたほうが、印象も良いことに気が付きました。

40代50代転職成功のコツは職務経歴書の書き方です。

 

職務経歴書について、こちらの記事で詳細について解説しています。

職務経歴書
40代50代の職務経歴書「職務要約」「職務経歴」|転職多い場合の書き方

40代50代の転職において、非常に大切な職務経歴書。 転職エージェントも企業も、職務経歴書であなたを判断するしかありません。 職務経歴書が悪いと、転職エージェントの面談にもたどり着きません。 転職エー ...

続きを見る

 

 

転職活動の手順13は「面接事前準備と面接当日」

面接を待つ椅子

40代50代の面接は、想像とかなり違います。

ネット上の一般的な情報とは、かけ離れている場合が多いと思います

40代50代は事前に面接の練習が不可欠です。

まず、「これまでの経歴」に関して、5回ほど喋ってみます。

職務経歴書の「職務概要」を悩みながら書いていますので、ある程度喋れるはずです。

次に、何分間で「これまでの経歴」を話しているのか、3回計ってみます。

3回計ると、「このペースで話すと○分かかるな」と勘所を掴むことになります。

さらに、「面接で想定される質問に対する回答」や「こちらからの質問」も事前に準備し、声に出して練習しておきます。

40代50代はここまで、事前準備をするべきです。

そして、あなたの「見た目」を見直しましょう

第一印象が大切です。

  • 第一印象でその人のイメージは9割決まる
  • 第一印象は6~7秒で決まる

といわれています。

自分を客観視するのは大変です。

自分と近い年代の同僚を思い浮かべ、自分に最低限の投資をしましょう。

40代50代の面接当日は、転職サイトに書いてある流れでは進みません。

  • 「自分の長所と短所を教えてください」
  • 「志望動機を教えてください」
  • 「これまでの経験やスキルを当社でどう生かしますか?」

といった流れにはなりません。

あなたを採用する意欲の強い企業ほど、それをすっ飛ばして、突っ込んだ話からはじまります。

面接の最後は、転職希望者から企業への質問の時間となります。

「素直に分からないこと、聞きたいことを聞けばいいのでは」は間違えです。

あなたが聞くべきことは、あなたがその企業に入って、事業の課題を解決する上での不足している情報です。

課題解決のためのディスカッションに発展すべきなのです。

面接前に、「仮説」を構築していることが必要です。

「自分で課題を見極め解決方法の仮設を構築してくれる人」でない限り、40代50代のエグゼクティブとはなりえないでしょう。

それが若い世代の採用と異なる点だと思います。

「40代50代の転職」は、求職者側の「転職」というイメージとは違い、「企業の課題解決請負人探しとの合致」なのです。

40代50代転職成功のコツは面接事前準備と面接当日です。

 

面接対策に関しては、こちらの記事で詳細について解説しています。

面接を待つ椅子
40代50代面接対策|ハイクラス転職面接の準備、服装、当日の流れ

40代50代のハイクラス転職における面接は、想像とかなり違います。 30代の幹部職への面接でも、言えることです。 ネット上の一般的な情報は若者向けですので、40代50代ハイクラス転職の面接とはかけ離れ ...

続きを見る

 

 

転職活動の手順14は「ブラック企業を見分けること」

PR文
ブラック企業の見分け方の一つは求人票の労働条件

面接に行くまでブラック企業だと気が付かなかったら、そこまでの転職活動が無駄になります。

求人票の段階で、ブラック企業を見抜けたらいいと思いませんか?

高すぎる給与には注意が必要です。

この給与は基本給に成果給がプラスされているパターンかもしれません。

厳しいノルマをクリアした場合に高給になりますよということです。

金額の幅が大きすぎる企業も要注意です。

長時間労働が常態化していて、みなし残業手当がふくまれているケースもありえます。

年間休日日数が少なすぎるのにも気をつけたほうがいいです。

完全週休二日制、祝日は休み、年末年始休暇もあるとすると、年間休日日数は125日位になります。

ボーダーラインは120日位だと考えましょう。

 

ブラック企業の見分け方の重要なポイントは求人票のPR文

「アットホーム」と書いてある求人は、ブラック企業の可能性が高いです。

他にアピールする点がない場合にアットホームをPRしがちです。

「活躍」という言葉が目立ちすぎるのも心配です。

若い人が育たず、辞めていってしまう会社なのかもしれません。

「入社〇ヶ月で課長に」などやたら出世が早いのは気をつけたほうがいいです。

仕事内容がよくわからず、意味のない言葉が並ぶのもブラック企業の可能性大。

「成長」「熱意」「夢」「全力」が強調されすぎていると危ないです。

募集期間が長い、あるいは常に求人を募集しているのは、採用してもすぐ辞めてしまうのかもしれません。

 

ある程度はブラック企業であることに覚悟が必要

なぜブラック企業になってしまうのかは、

生産性が低く、成長性が低く、赤字だからです。

日本全体の企業数の99.7%は中小企業です。

中小企業は約7割が赤字経営を続けているといわれています。

転職先に大企業を選べるのはごく僅かな一握りの人です。

大多数の人が選ばざるを得ない中小企業は約7割赤字。

ですから、程度の差はあれ転職先がちょっとブラックなのは覚悟しなければならないのが真実です。

40代50代転職成功のコツはブラック企業を見分けることです。

 

ブラック企業の見分け方について、こちらの記事で詳細について解説しています。

ブラック企業
ブラック企業の見分け方|求人票からも読み取れるブラック企業の兆候

転職が決まって、入社してみたらブラック企業だったら嫌ですよね。 面接に行くまでブラック企業だと気が付かなかったら、そこまでの転職活動が無駄になります。 求人票の段階で、ブラック企業の見分け方が求人票で ...

続きを見る

 

 

転職活動の手順15は「見落としがちなことのチェック」

NGなポイント
40代50代の転職を成功に導く上で、知っておくべき見落としがちなポイントを紹介していきます。

非公開求人にたどり着くのが秘訣

転職サイトや転職エージェントに登録しても、全ての求人案件を見ることが出来るわけではありません。

サイト上には出ていない「非公開求人」があります。

転職エージェントに登録し、非公開求人を紹介してもらうことが必要です。

 

経歴やスキルは正確に書くこと【注意が必要】

意図的でも、ミスでも、事実と異なっていれば虚偽報告と見なされます。

採用後に見つかるとトラブルになりかねません。

履歴書と、職務経歴書の年度のズレにも気をつけましょう。

 

「育成人材を募集する求人」に気をつける

転職サイトには育成人材募集案件(若手向け案件)が圧倒的に多いのです。

その仕事できるなと思っても、若手・中堅人材を獲得し、育成する案件の場合が多いのです。

求人情報では具体的な年齢を記載しませんので、募集要項ではわからない場合も多いのが実情です。

40代50代の方がそのような求人に応募しても、採用に至る可能性は低くなります。

 

「希望年収条件を緩めてみましょう」?

「希望年収条件を緩めてみましょう」というアドバイスもサイト上で見受けられます。

一概にそうとは言えないので注意が必要です。

年収が低い案件は、若い人向けの案件の場合が多いのです。

 

「転職回数が多いと不利」?

一般的に、「転職回数が多いと不利」と様々なサイトに書いてあります。

ただし、40代50代の重要なポジションには、それがかならずしも不利に働くとは限りません。

転職回数の多さより、経験値が重視されます。

転職回数の多さで、転職を諦めたり悲観的になるのはNGです。

転職回数が多いなら、なぜ転職することになったのか、他人が納得できるレベルのストーリーにしておきましょう。

 

落ちるのに慣れることが秘訣

40代50代の転職には、書類選考が通らないことの連続です。

落ちる度に心が折れるのはNGです。

落ちるのに早く慣れるのが、40代50代の転職を成功させる条件の一つです。

 

最低限のITリテラシーを身につけることも必須

部下にやらせていた仕事も、転職後は自分でも対応できないとNGです。

転職先で、部下に教えることが出来るくらいになっておくと安心です。

 

自宅の環境整備これかなり重要事項!

無理やりでも、デスクを確保

PCを確保(あたりまえですが)

外付けディスプレイを用意

外付けキーボードを用意

Microsoft 365 (旧称 Office 365) を使いましょう

ZOOMは入れときましょう

自宅の環境整備をしておかないと転職活動は進みません。

40代50代転職成功のコツは、見落としがちなこともクリアすることです。

 

見落としがちなポイントは、こちらの記事で詳細について解説しています。

NGなポイント
転職活動が進まない【原因11選】見落としに要注意!40代50代の転職

40代50代の転職は苦労します。 転職サイトや転職エージェントに登録し、コツコツと転職活動をしているけれど、なかなか進まない。   そんなとき、何かやり方に問題は無いのか、見落としはないのか ...

続きを見る

 

 

▼あわせて読みたい記事▼

とりあえず登録すべき「転職エージェント」「転職サイト」

ランキング
ハイクラス転職エージェント&転職サイトおすすめランキング|実際に活用

世の中に転職エージェント、転職サイトといったWEB転職サービスは数多くあります。 ハイクラス転職に成功するためには、ハイクラス向けの転職エージェント、転職サイトを選ぶことが肝心です。 ハイクラス向け転 ...

続きを見る

「特化型転職エージェント」を含む登録すべき「転職エージェント」「転職サイト」の全体像

転職サーピスのポジショニングマップ
40代50代のハイクラス転職におすすめの「転職サイト」「転職エージェント」比較

40代50代の転職は非常に厳しいといわれています。 特に40代50代がハイクラス転職を成功させるためには、20代30代以上に転職サイトや転職エージェントをうまく使うことが必須です。 40代50代のハイ ...

続きを見る

40代50代がハイクラス転職に挑戦するために知っておきたい知識

ハイクラス転職案件
40代50代エグゼクティブ転職|求人を見逃すな!転職先で躓くな!

40代50代の転職は非常に厳しいといわれています。 そんな環境下で、40代50代がハイクラス転職に挑戦するのは可能なのでしょうか? かつ、40代50代がエグゼクティブ転職で経営幹部に挑戦するのは可能な ...

続きを見る

 

 

<a href='https://jp.freepik.com/vectors/technology'>Storyset - jp.freepik.com によって作成された technology ベクトル</a>

  • この記事を書いた人

ユージ

私は50代で2回の転職経験があり、どちらも年収1000万。40代でも2回の転職経験があります。(追記:ブログ開設後に50代で3回目の転職に成功しました)キラキラの経歴ではないところから転職をしてきています。もちろん転職活動では苦労をしました。流石にミドルから複数回の転職を経験をすると、様々な転職ノウハウが蓄積されるものです。ネット上には、転職者本人が実体験に基づく情報やノウハウをお伝えする情報が少ないので、私が解説しようと思いました。 もっと詳しく読む→詳しいプロフィール

-転職活動の進め方