地獄

転職の厳しさに負けない

40代の転職は地獄!その理由、地獄から這い上がるための対策

40代転職は非常に厳しく、多くの人が地獄と感じます。

40代転職地獄と感じるのには2つのパターンがあります。

  • 40代の転職活動が困難で地獄と感じるパターン
  • 40代が無事転職はできたものの、転職後の仕事を地獄と感じるパターン

 

それぞれのパターンでどんな地獄が40代の転職に待ち受けているのか?

40代がその転職の地獄から這い上がるための対策は何か?

を知っておくべきです。

 

筆者は40代で2回転職をしました。

50代でも2回転職しています。

(加筆:実はこの記事を執筆後に、50代で3回目の転職に成功しました)

40代で一回目の転職は地獄だと感じましたが、流石にその後何度も転職活動をしていると、地獄と感じながらも地獄から這い上がるための対策がわかります。

結局毎回、転職に成功しました。

ということは、俯瞰から見ると地獄ではありませんでした。

複数回の転職活動中に、ネットで転職に関する有益な情報を探して回りましたが、

  • 若者向けの情報は多いが、ミドル向けの情報が無い
  • ネガティブな情報は多いが、ネガティブに終止し、ポジティブな情報が無い
  • 転職経験者本人の情報は少ない

と情報不足を感じました。

そんな筆者が、経験に基づき解説します。

この記事を読めば、40代の転職の地獄の実態地獄と感じる理由獄から這い上がるための対策がわかります。

 

40代の転職活動が地獄と感じる理由

壁

40代は年齢の壁で求人数が少なく転職が地獄と感じる

まず40代が感じる転職の地獄は年齢です。

昔から「転職35歳の壁」という言葉があります。

20代の求人は最も多く、30代の求人は減少し、35歳以上の求人数は一気に減ります。

40代は求人数自体が圧倒的に少ないのです。

雇用対策法改正により、募集要項に年齢制限を記載することがなくなりました。

求人要項を見ても、募集年齢がわからないというのも面倒な点です。

募集年齢が書いてありませんので、40代にも可能性がありそうな求人が沢山存在しているように錯覚してしまいます。

しかし、欠員が出て40代即戦力が欲しい会社は僅かです。

むしろ40代以上を削減しようとしている企業が増えています。

新たに募集するのは「社内に欠如していて補えていない、特殊な求人ニーズ」に限られるわけです。

40代が採用される可能性がある求人の絶対数自体が少ないのです。

たとえ、「社内に欠如していて補えていない、特殊な求人ニーズ」に合致していても、組織の年齢構成でハネられることもあります。

あなたが入ると、年齢の序列が乱れることを多くの企業は嫌います。

 

40代の転職が地獄と感じるのは、年齢の壁が一つ目です。

 

40代は年収が下がる可能性があり転職が地獄と感じる

40代が転職を地獄と感じるのは年収減の可能性です。

もちろん転職により年収が上がる人もいます。

しかし、統計的には焼く6割の人が年収横ばいか減少となっています。

40代の転職では年収が下がる可能性があり、多くの人が地獄を感じます。

 

40代はマネジメント経験が無いと転職が地獄と感じる

マネジメント経験が必須なことも40代が転職で感じる地獄です。

数少ない40代向けの求人案件ですが、大半がマネジメント経験がある人向けです。

マネジメント経験がない人なら、若い人のほうが使いやすいのです。

40代でマネジメント経験がない人にとっては、転職活動が地獄です。

 

40代は転職エージェントに登録しても相手にされず転職で地獄を感じる

実際に転職活動を始めると気づきます。

転職エージェントに相手にされないことがあるのも、40代が感じる転職の地獄です。

転職エージェントのPR文をみると、

  • キャリアアドバイザーが面談させていただきます
  • あなたに寄り添いプロの視点で徹底サポート
  • あなたにピッタリの求人のご紹介

このような謳い文句が目立ちます。

これは頼りになるなと思います。

しかし現実は違いました

現実

  • キャリアアドバイザーの面談に呼ばれない
  • キャリアアドバイザーが面談してくれたが、その後音沙汰がない。
  • 適切な求人が出てきたら面談しますとメールが来て終わり

転職エージェント登録後相手にされず40代は転職に地獄を感じます。

 

転職エージェントに相手にされない理由と対策はこちらの記事で詳しく解説しています。

40代50代は転職エージェントに断られる?相手にされない理由と対策

 

40代にはAIが転職メールを送ってくるだけの地獄

求人メールの内容も40代が転職を地獄と感じる原因です。

転職サイトのAIが自分の経歴と求人とをマッチング判定し、自動でオファーメールがきます。

しかし大多数が、当て外れの案件です。

  • 20代30代向けの求人案件
  • 年収などの条件が違う
  • 経験職種や業界と全く違う

悪意はないのでしょう。

その転職エージェントには40代のあなたに合う案件が無いのです。

40代の転職の地獄はAIのメールです。

 

40代には転職エージェントからなかなかスカウトが来ない地獄

スカウトが来ないのも、40代が転職で感じる地獄です。

スカウトが来る転職サイトが流行っています。

ハイクラス転職サイトだと、スカウトをヘッドハンティングとも呼んでいます。

  • 待っていても一向にスカウトが来ません。
  • 転職エージェントに無視されていると感じます。
  • 企業から来るはずのダイレクトリクルーティングのスカウトも来ません。

毎日サイトを見に行くのですが、マイページに変化はありません。

マイページを見る度にがっかりします。

40代の転職が地獄と感じるのは、スカウトが来ないことです。

 

ヘッドハンティングについてはこちらの記事で解説しています。

ヘッドハンターとは?ヘッドハンティングとは?その意味?|転職の知識

 

転職サービスによっては40代には不本意なスカウトが来る地獄

不本意なスカウトも40代が転職で味わう地獄です。

スカウトメールは、希望とは全く違うものが来ます。

最初に登録したサイトからのスカウトメールの実際の案件は、

  • 警備員
  • タクシー運転手
  • 運送ドライバー
  • 保険の営業
  • 介護福祉関係
  • コンビニのオーナー

これは、心情的にとても厳しいものがありました。

40代の転職が地獄と感じるのは、不本意なスカウトメールを見たときです。

 

スカウトの見分け方についてはこちらの記事で解説しています。

転職サイトのスカウトは怪しい?様々なスカウトとスカウトの見分け方

 

40代の転職活動が長期化する地獄

転職活動の長期化も、40代が転職で感じる地獄です。

40代の転職活動には長い期間を要します。

適切な転職サービスがわかるまでにも時間がかかります。

適切な求人案件に巡り会うまでにも時間がかかります。

長期化の覚悟が必要です。

40代は転職が地獄だと活動長期化で感じます。

 

転職活動の長期化についてはこちらの記事で解説しています。

転職活動の長期化はあたりまえ|40代50代の転職活動長期化対処法

 

40代が味わう転職エージェントの書類選考に通らない地獄

転職エージェントの書類選考に通らず受け取るお祈りメールは40代が転職で感じる地獄です。

  • 転職サイトの求人案件に応募しても書類選考に通りません
  • 転職エージェントに進められた求人案件に応募しても書類選考に通りません

書類選考不通過が積み上がります。

通過率はかなり低いのです。

お祈りメールをたくさん見ることになります。

お祈りメールの文面は気が滅入るものばかりです。

転職活動に入ったら、面接頑張ろうと思っていたのに、面接にたどり着かないのです。

応募している求人案件が合っていないのかもしれません。

またそもそも、選んだ転職サイト、転職エージェントが間違っているのかもしれません。

40代の転職が地獄と感じるのは、書類選考になかなか通らないことも大きいです。

 

書類選考通らない40代50代についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

書類選考通らない40代50代|転職エージェントからお祈りメール

 

40代で転職後に地獄を感じる理由

企業と自分の関係

40代の転職後、上司が年下になる地獄

40代が転職に成功したものの、転職後にも地獄があります。

これは、想定しない地獄です。

転職後の上司の年齢が40代が転職で感じる地獄です。

自分の上司が自分より年下になる場合があります。

変に気を使います。

やりにくいのはコチラだけではありません。

上司の方が、もっとやりにくそうです。

付き合い方で苦労します。

これまでマネジメントをしていたのに、転職先でマネジメントする側に変わるのです。

40代が転職後に人間関係で苦労し、地獄と感じます。

 

40代がめでたく幹部転職後、いきなり部下が沢山いる地獄

反対に、めでたくハイクラス幹部転職に成功した場合です。

最初から幹部ですのでいきなり部下が大勢いるのが、40代が転職で感じる地獄です。

  • 部下からすると、知らない人が外から来ていきなり上司になります。
  • 変化をもたらし何かを変えるために、外から採用になりました。
  • 部下からすると、今までやってきたことを一部否定されることになるのです。

年上の部下も沢山います。

良い感情を抱かない人も沢山います

これもまた40代が転職で味わう地獄です。

 

▼あわせて読みたい記事▼

転職先では覚悟を決める|やりがいのある40代50代ハイクラス転職

 

40代の転職後、人間関係をゼロから作り直す必要がある地獄

人間関係のゼロからの構築は40代が転職で感じる地獄です。

40代で初めて転職をする人にはキツイことです。

時間を掛けて作ってきた人間関係とは反対の環境になります。

上司、同僚、部下の胸の内がわかりません。

探り探りの毎日にです。

日常会話の全てで気を使います。

一日が終わると、どっと疲れがでます。

何回か転職経験を積むと、慣れてきます。

人間関係をゼロから作り直すことにも40代が転職後に地獄を感じることです。

 

40代が転職後、慣れないITツールをを使う地獄

40代は、慣れないITツールに地獄を感じます。

昨今はコミュニケーションツール一つとっても、バリエーションが多岐にわたります。

スケジュール管理も、経費精算も、出勤管理も様々なツールがあります。

基幹システムや業務システムも慣れなければいけません。

メールやオンライン会議以外にもチャットなどの利用も増えています。

コミュニケーションツールの多様化に対応するにはITリテラシーが求められます。

アウトソーシングサービスも増え、そのツールを使う必要があります。

すぐに慣れて使いこなす必要があるのです。

40代が転職後、慣れないITツールに地獄を感じます。

 

パソコンスキルについてはこちらの記事で解説しています。

転職ではパソコンスキルが問われる|40代50代は転職後も必須

 

40代が転職後、必ず実績を上げなくてはいけない地獄

必ず実績を上げなければいけないのは、40代が転職で感じる地獄です。

20代なら真面目に仕事すればいいのかもしれません。

40代での転職となると、転職先で実績を上げなくては立場がありません。

しかも、わからないことだらけの中で、なんとか実績を上げるのですから大変です。

周りは当然、仕事ができる人だから採用されたのだと認識しています。

当たり前ですが、この転職後のプレッシャーを地獄と感じる40代もいるでしょう

 

40代が転職後、他の人と比較される地獄

他の人と比較されることは40代が転職後感じる地獄です。

既存の同世代社員と比較されます。

同世代の転職者とも比較されます。

常に、厳しい目で比較されているプレッシャーにさらされています。

40代が転職後に、他人と比較され、地獄を感じます。

 

40代の転職後、年収ダウンで地獄を感じる

年収ダウンは、40代が転職で感じる地獄です。

必ずしも、キャリアアップの転職ができるわけではありません

転職後に年収が下がる場合も多いようです。

これ以上転職活動を長期化はさせたくないので、決まったところに行く場合、年収ダウンになります。

40代が転職後に、年収ダウンで地獄を感じます。

 

40代がハイクラス幹部転職の高年収で地獄を感じる

意外かもしれませんが、高年収に対する妬みも40代が転職で感じる地獄です。

初めての転職では見落としがちな地獄です。

大変なプレッシャーがかかります。

恨まれる場合もあります。

皮肉をいわれる場合もあります。

言う側の気持ちもわからなくは無いです。

転職に成功したと思った途端、落とし穴がありました。

筆者はこの実体験があります。

過酷な状態でした。

40代が転職後にこんなことでも地獄を感じます。

 

40代が転職の地獄から這い上がるための頭の切り替え

転職後

40代はとりあえず転職できた会社で実績を上げ地獄を脱出

40代は、とりあえず転職できた先の会社で実績を上げ地獄から脱出をはかりましょう。

転職先で地獄を感じても、地獄を素直に受け止めます。

  • 上司が年下になる
  • 転職していきなり部下がたくさんいる地獄
  • 人間関係をゼロから作り直す必要がある
  • 必ず実績を上げなくてはいけない
  • 年収ダウンで地獄を感じる
  • 年収ダウンで地獄を感じる年収ダウンで地獄を感じる

この地獄を受け止めて、必死にがんばります。

必死に頑張り、実績を上げます。

40代の地獄の転職で成し遂げたその実績を引っさげ、武器にして次の転職をします。

これから、40代50代はこういう時代に突入します。

 

40代の転職では過去の自分と比較して優位性を感じ地獄から這い上がる

40代の転職では過去の自分と比較して優位性を感じ、地獄から這い上がるのがコツです。

時間軸をより長く取って、「地獄」の見方を変えましょう。

転職は地獄かもしれませんが、今の会社のままでも地獄です。

既に退職して転職中、在職中だが転職の必要がある。

どちらも大変だと思います。

実はよく考えると、

  • あなたは「先々を考え、既に動いている」のです。
  • 「今の状態を嘆いていたとき」より、遥かに先に行っている人なのです。

「夏休みの宿題が多いことを嘆いている子供」ではありません。

「面倒な夏休みの研究と戦って苦戦している」子供なのです。

過去の自分と比較して優位性を感じ40代は転職の地獄から這い上がりましょう。

 

40代の転職活動では他人との比較で逆転して見て地獄から這い上がる

40代の転職活動では他人との比較で逆転して見て地獄から這い上がるのもコツです。

人間は他人と自分を比較しがちです。

他人と比較すると、自分だけ「何でこんな辛い思いを」と考えるものです。

 

「何で私は転職エージェントに面談にいく途中なのに、彼は同じ電車の彼らは通勤中なんだろう。」

筆者は転職活動中、そうよく思いました。

でも、よく考えてみると逆の立場の時もあったはずです。

 

通勤中の私は、

  • 仕事の将来に悩んでいました
  • 会社の行末を悲観していました
  • 人間関係に悩んでいました

でも、その現実をウヤムヤにして、心から追い出して、通勤電車で目をつむっていました。

何も問題を抱えていないように幸せそうに見える他人は、実は大体そんなものです。

現実に目をそむけて、後回しにしているだけです。

あなたは現実に目を背けず、先を考え行動している

そう考えると、転職に悩むあなたのほうが、先を考え行動しているのです。

更に、世の中の変化のスピードが早くなり、長い目で見て安定している企業は一握り。

一昔前と違います。

業績の良い会社でも、成長が見込めない部門の大胆なカットが行われています。

むしろ、部門の大胆なカットを行えず、ズルズルしている企業も多いと思います。

 

今や、地獄とも感じる40代の転職は「普通のこと」になりつつあり、あなたは先を行っているのです。

 

40代の転職活動では【企業と自分の関係】の見方を変えて地獄から這い上がる

【企業と自分の関係】新卒の時

40代の転職活動では【企業と自分の関係】の見方を変えて地獄から這い上がるのがポイントです。

新卒の時は、「この企業に採用してもらう」でした。

「採用が決まった」「採用してもらった」そんな気分でしたよね。

30歳位までは、「この企業に採用してもらう」が通用するかも知れません。

でも40代だと、「この企業に採用してもらう」ではなくなります。

 

【企業と自分の関係】40代

企業側からすると、「人を採用したい」と考える際、どう考えても「40代をぜひ集めて増やしたい」わけがありません。

企業に何らかの課題があり、社内に「その課題解決を担う人、任せられる人」がいない場合が発生します。

その場合、社外から、「その課題解決を担う人、任せられる人」をさがします。

人はいるのに欲しい人材が足りていない場合ということです。

完成していないパズルの「ひとかけら」を埋めたいのです。

【企業と自分の関係】は、「企業に採用してもらう」とか「雇ってもらう」のではなくなります。

「企業の課題を解決してあげる」となります。

主従関係が逆になるのです。

「キャリア」はある時点から、そう考えるべきなのです。

「雇ってくれる会社はないかなあ」→「課題を解決してあげられる困った会社はどこかなあ」です。

40代が転職の地獄から這い上がるためにはまず、見る角度をそのように切り替えます。

 

【企業と自分の関係】転職活動

次に、その後の行動を冷静に考えます。

1つの「課題枠=募集枠」に対して、何百人も立候補するわけです。

確率にすると、低いのが当たり前です。

しかも、年収1000万円を超えるようなハイクラスの求人案件は、それ自体が機密情報です。

もちろん、非公開案件です。

匿名で転職サイトに公開されてもいない場合もあるのです。

「課題を解決してあげられる困った会社」を探し回るのには大変な手間がかかるのが理解できます。

主従関係は逆転する一方、40代はかなり多くの「転職サイト」「転職エージェント」を探して回らなければなりません。

勇者が、勝利を勝ち取るまで、長い旅に出るのです。

 

▼あわせて読みたい記事▼

転職活動が進まない【原因11選】見落としに要注意!40代50代の転職について

 

40代が転職の地獄から這い上がるための対策

写真

40代が転職の地獄から這い上がるために履歴書写真に注意する

40代が転職の地獄から這い上がるために履歴書写真に注意しましょう。

40代以上になると、履歴書の写真にかなり注意したほうが良いと思います。

写真は、履歴書だけでなく、転職サイトにアップロードします。

写真の印象で人を判断する割合は高いものです。

転職エージェントは印象のいい人を面談に呼びたいですし、企業に紹介したいのです。

40代が転職の地獄から這い上がるために履歴書写真に注意しましょう。

 

履歴書写真についてはこちらの記事で解説しています。

40代50代|履歴書写真の撮影に要注意!転職活動初期ですぐ必要

 

40代が転職の地獄から這い上がるために職務経歴書作成に注力する

40代が転職の地獄から這い上がるために職務経歴書作成に注力しましょう。

40代以上は登録する「職務経歴書」を精査すると、断られる確率が下がります。

転職エージェントは登録する職務経歴書を見て、断るかどうかを判断します。

そのためには、職務経歴書が大切です。

特に40代50代は過去の経歴が重要な判断材料となりますが、書き方次第で人物の見え方が変わってきます。

転職エージェントはあなたに会う前に、職務経歴書と会うわけです。

40代が転職の地獄から這い上がるために職務経歴書作成に注力しましょう。

 

40代50代の職務経歴書については、こちらの記事で解説しています。

40代50代|職務経歴書「職務要約」「職務経歴」|転職多い場合の書き方

 

40代が転職の地獄から這い上がるためにキャリアの棚卸しをやる

40代が転職の地獄から這い上がるためにはキャリアの棚卸しを外さないことです。

キャリアの棚卸しをきちんとしている40代以上は断られる確率が下がります。

転職活動において非常に大切なプロセスでありながら、省略しがちなのがキャリアの棚卸しです。

キャリアの棚卸しを飛ばして職務経歴書を書くと駄目です。

転職エージェントとの面談、企業面接での返答もキャリアの棚卸し次第で変わってきます。

40代が転職の地獄から這い上がるためにキャリアの棚卸しをしましょう。

 

キャリアの棚卸しに関してはこちらの記事で解説しています。

キャリアの棚卸しのやり方【40代50代の転職活動では非常に重要です!】

 

40代が転職の地獄から抜け出すためには企業研究を怠らない

40代が転職の地獄から抜け出すためには、企業面接前の入念な企業研究が必要です。

20代や30代の企業研究とはそのレベルが格段に高くなくてはいけません。

その企業の課題を解決するために採用されるのが40代です。

40代が転職の地獄から抜け出すためには企業研究を怠らないことです。

 

企業研究についてはこちらの記事で解説しています。

企業研究のやり方|ハイクラス転職では高度な企業研究が求められる

 

40代が転職の地獄から脱するには面接の準備を入念にする

40代が転職の地獄から脱するには面接の準備を入念にしましょう。

40代だと、面接で求められる水準も高度になります。

印象が良く、礼儀正しいだけではいけません。

入念な準備が必要ですし、事前練習も必要です。

40代が転職の地獄から脱するには面接の準備を入念にする必要があります

面接対策についてはこちらの記事で詳しく解説してます。

40代50代面接対策|ハイクラス転職面接の準備、服装、当日の流れ

 

40代が転職の地獄から這い上がるために適切な転職サイト・転職エージェントを活用

40代が転職の地獄から這い上がるためには、適切な転職サイト・転職エージェントを活用しましょう。

40代以上は「転職サイト」「転職エージェント」選びに注意が必要です。

それぞれの「転職サイト」「転職エージェント」にはターゲットがあり、40代50代には合わない場合もあります。

一般の転職サイトに「公開されている求人」は若い方向けが大半です。

 

また40代以上は、転職エージェントから個別に紹介される「非公開求人」に応募しないと転職活動が進みません。

転職エージェントから「非公開求人」を紹介してもらうためには、以下のどちらかです。

  • 40代以上に適切な転職エージェントに登録する
  • ヘッドハンティング型転職サイトに登録して、その中で転職エージェントにヘッドハンティングされる

登録して使い始めてみると、自分と相性がいいのかどうかが更によくわかってきます。

無料ですので登録は気軽にして、その後の反応を見るのが現実的です。

40代が転職の地獄から這い上がるためには、なるべく多くの転職サイト、転職エージェントに複数登録することが肝心です。

 

おすすめの転職サイト&転職エージェント

全て、筆者が実際に登録・活用したサービスです。
全て、実際に登録活用したサービスです。

リクルートダイレクトスカウト

CAREER CARVER

  • 人材転職業界最大手のハイクラスヘッドハンティング型転職サイト
  • 年収800〜2,000万円の求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ
  • 質の高いハイクラス求人案件が豊富
  • 登録も活用も無料

リクルートダイレクトスカウトサイトはこちら

JACリクルートメント

  • 年収600万円からのミドル・ハイクラス層向けの転職支援に強い
  • マネージャー(管理職)・管理部門の求人が多い
  • キャリアアップ、ハイクラス転職を狙っている人向き
  • 外資系・グローバル企業に強い
  • サポートが良質
  • 登録も活用も無料

JAC Recruitment公式サイトはこちら

doda

  • 大手転職会社パーソルのメインサービス
  • 業界最大級の利用者数
  • サイトに掲載されている求人情報の数は国内最大級
  • 正社員のお仕事を中心に、さまざまなサービスを展開
  • 幅広い職種を紹介可能な総合型エージェントサービス
  • 登録も活用も無料

DODA(デューダ)公式サイトはこちら

ビズリーチ

  • CMでもお馴染みのハイクラス転職サービス
  • さらに年収をアップしたい方向け
  • 幹部職も多数
  • 年収600万円以上の求人が大半
  • ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイト
  • スカウトが受けられる
  • 登録無料

ビズリーチ公式サイトはこちら


  • キャリアコンサルタントが親身だと評判の転職エージェント
  • 人材業界の大手の一つ、株式会社パソナ展開するサービス
  • 「パソナ」は、人材派遣会社のイメージが強いが、転職エージェントとしても評判が高い
  • ミドル世代以降の転職支援実績も豊富
  • 非公開求人が8割
  • 登録も活用も無料

パソナキャリア公式サイトはこちら

リクルートエージェント
リクルートエージェント

  • 業界最大手のリクルートだから安心
  • 圧倒的な求人数
  • ほとんどの業種や職種に対応してもらえる
  • 20代~50代まで幅広い年齢の方に対応
  • 直接紹介される「非公開求人」の数は業界随一
  • 登録も活用も無料

リクルートエージェント公式サイトはこちら

コトラ
コトラ

  • プロフェッショナルなポジションをご紹介する転職エージェント
  • 銀行や証券、ファンド、コンサルティングファーム、経営幹部に強い
  • 製造業の各業界のハイクラス層に強い
  • 戦略コンサルや財務アドバイザリーのコンサルタントに強い
  • メーカー等事業会社の経営職や管理系のポジションに強い
  • 登録も活用も無料

コトラ公式サイトはこちら

40代が転職の地獄から這い上がるためには、適切な転職サイト・転職エージェントの活用が必須です。

遠慮せず、複数登録するべきです。

 

▼あわせて読みたい記事▼

考え中
40代50代の転職は厳しい|4回の転職実体験から得た厳しさの乗り越え方

40代50代の転職は厳しいというのは事実です。 終身雇用が事実上限界を迎えてきています。 リストラも多い世の中です。   転職活動に苦労し、気が滅入りそうになったり悩んだりしていませんか? ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

ユージ

私は50代で2回の転職経験があり、どちらも年収1000万。40代でも2回の転職経験があります。(追記:ブログ開設後に50代で3回目の転職に成功しました)キラキラの経歴ではないところから転職をしてきています。もちろん転職活動では苦労をしました。流石にミドルから複数回の転職を経験をすると、様々な転職ノウハウが蓄積されるものです。ネット上には、転職者本人が実体験に基づく情報やノウハウをお伝えする情報が少ないので、私が解説しようと思いました。 もっと詳しく読む→詳しいプロフィール

-転職の厳しさに負けない