会社辞めたい

転職活動の進め方

会社を辞めたい40代【経験者が解説】押さえておきたいポイント

会社を辞めたいと思う気持ちはありませんか?

会社を辞めたいと思っている40代はたくさんいます。

会社を辞めたいと思っても、即断できる40代はそんなにいないでしょう。

誰もが悩みます。

そしてズルズル時間だけが経っていきます。

 

自身の経験から言うと、思い切って40代で会社を辞めても次の仕事は見つかります。

転職するといいことも必ずあります。

新天地で新しい経験をすることになります。

今の会社で我慢していても、会社が将来を保証してくれるわけではありません。

 

とはいえ、会社を辞めたい40代が事前に理解しておくべきことがあります。

この記事では、会社を辞めたい40代が知っておくべきことについてご紹介していきます。

 

40代が会社を辞めたい理由

辞めたい理由

Office vector created by stories - www.freepik.com

待遇に不満があるので会社を辞めたい40代

給料が上がっていく会社と、ほとんど上がらない会社があります。

同じ様な仕事をしていても、会社により待遇は随分違います。

会社の合併などにより、待遇が変わることもあります。

40代からは、子供の教育費などお金がかかる場面が増えます。

転職すれば必ず待遇が良くなるとは限りません。

しかし、今の会社より待遇が良い会社に転職を挑み続ければ、待遇が良くなる可能性は大いにあります。

待遇に不満があり会社を辞めたい40代は多いのです。

 

会社の将来が不安で会社を辞めたい40代

40代にはまだまだ先が長いサラリーマン人生があります。

しかし現在勤務先の会社が、今度も安泰だとは限りません。

  • 同業他社との競争に負ける
  • IT化に乗り遅れる
  • 業界自体が衰退していく

こんな可能性も大いにあります。

 

今は異変を感じていなくても、

  • リストラ
  • 早期退職制度
  • 役職定年年齢の変更
  • 黒字リストラ

いつ何が起きるかわかりません。

会社の将来に不安があるのなら、早いうちに会社を辞めて転職したほうが良いのです。

会社の将来が不安で会社を辞めたい40代も多いのです。

 

衰退する会社についてはこちらの記事で解説しています。

衰退する会社の特徴|うちの会社は大丈夫?転職活動を始めるべきか?

 

人間関係が悪く会社を辞めたい40代

会社を辞めないと解決しないのが人間関係です。

  • 上司との関係
  • 部下との関係
  • 問題人物の存在
  • 上層部との軋轢

様々なパターンがありますよね。

人間関係が原因で、

  • 納得できない人事評価
  • 降格
  • 望んでいない異動

になる場合もあります。

将来に不安がある会社、業績が低迷している会社では人間関係も悪化していることが多いかも知れません。

人間関係が悪く会社を辞めたい40代も多いのです。

 

見切りをつけたほうがいい会社については、こちらの記事で解説しています。

【見切りをつけた方がいい会社で起きていること】その原因、転職の決断

 

キャリアアップのために会社を辞めたい40代

仕事が物足りなくて会社を辞めたい人もいます。

ルーティンワークばかりの仕事はつまらないと感じるかもしれません。

また、自分の能力を活かせない仕事に取り組むことも苦しいものです。

仕事にやりがいを感じられないことも、会社を辞めたい立派な理由です。

転職すれば、

  • 新しい課題に取り組む。
  • 新しいプロジェクトがある。
  • 更に成長する。

ことが可能になります。

1歳でも若いうちに、自分の力を活かせる環境に移った方がいいかもしれません。

キャリアアップのために会社を辞めたい40代も多いのです。

 

会社を辞めたい40代が陥りがちなこと

陥りがち

Fail vector created by jcomp - www.freepik.com

40代で会社を辞めたいのは負け組という思い込み

長年働いてきた会社を辞めるのは負け組だと思い込む人がいます。

  • 継続は良いこと
  • 継続しないのは悪いこと

こんな呪縛に囚われる人が多いのです。

40代が会社を辞めるのは別に悪いことではありません

 

仕事をどのくらい耐えるべきかについて、こちらの記事で解説しています。

仕事一年耐える|転職すべきかの判断は一年耐えれば十分わかる!

 

40代で会社を辞めるのはリスクが大きいか?

確かに40代で会社を辞めるのはリスクを感じます。

しかし、一旦辞めたいと感じた会社です。

辞めたいと感じた会社に留まるリスクと比較したことはありますか?

転職しないことにもリスクはあります

 

転職しないリスクについてはこちらの記事で解説しています。

転職しないリスクもあり|あのとき転職に挑戦していればと悔やむかも

 

辞めるべきか留まるべきか悩む

皆、辞めるべきか留まるべきかを悩みます。

変化する勇気を持つ人はごくわずかです。

多くの人は、変化が苦手です。

悩んだまま変化せずに、受動的にサラリーマン生活を送ります。

会社を辞めたいと悩み続ける40代は多いのです。

 

転職に迷うことにかんして、こちらの記事で解説しています。

転職迷う40代|踏み出すかとどまるか?迷うのは時間の浪費?

 

次の仕事は探せば見つかります

経験から言うと、40代の転職はいつか決まります。

転職活動には時間がかかり、苦労はします。

40代で苦労して転職すると、50代でも転職が出来ます。

  • 転職によりスキルに幅が出ます。
  • 転職により新しい課題に挑戦することになります。
  • 新たなる成長の癖が付きます。

40代の転職はいつか決まります

 

40代の転職はなんとかなることについて、こちらの記事で解説しています。

40代の転職はなんとかなる!|転職4回成功の体験から解説します

 

会社を辞めたい40代は辞めてから転職活動する?

転職活動

Business man vector vector created by teravector - www.freepik.com

40代が会社を辞めてから転職活動をするメリット

会社を辞めてから転職活動をするメリットは、

  • 転職活動の時間が取れる
  • 余計な気を使わず集中できる
  • 日々の仕事に流されてしまうことがない

 

40代が会社を辞めてから転職活動をするデメリット

会社を辞めてから転職活動をするデメリットは

  • 生活に不安があり、焦る
  • 健康保険の負担が大きくなる
  • 職歴にブランクができる
  • 退職理由に対して明瞭な返答が必要

それぞれが裏返しですね。

辞めてしまって、転職活動に集中することもありえると思います。

 

会社を辞めたい40代は辞める前から転職活動する?

転職探し

Business vector created by pikisuperstar - www.freepik.com

辞める前から転職活動するメリット

辞める前から転職活動するメリットは、

  • 収入があるので生活の不安がない
  • 健康保険の半分を会社が持ってくれる
  • 職歴にブランクができない
  • 退職理由を面接の時に、聞かれた時の心配がない

 

辞める前から転職活動するデメリット

辞める前から転職活動するデメリットは、

  • 転職活動の時間が取りにくい
  • 余計な気を使う
  • 日々の仕事に流されてしまう

 

できれば、40代は会社を辞める前から転職活動

在職中の転職活動は大変です。

平日の早朝や帰宅後はなかなか時間が取れないものです。

昼休みにメールのチェックくらいは出来るかも知れません。

仕事を続けながらですと、気持ちの切り替えが大変です。

そのため、転職活動の中心は土日になります。

 

転職活動に要する時間は膨大なことを理解する

履歴書写真の用意

履歴書写真は、転職活動の最初から必要になります。

転職エージェントの登録時に必要になります。

40代は写真のとり方にも注意が必要になります。

履歴書写真についてはこちらの記事で解説しています。

40代50代|履歴書写真の撮影に要注意!転職活動初期ですぐ必要

 

履歴書と職務経歴書を用意する

初めて作るのには時間がかかります。

履歴書と職務経歴書はどちらもWORDで作るのが一般的です。

履歴書についてはこちらの記事で解説しています。

40代50代の転職活動|履歴書作成注意点!|ここがポイントです

 

職務経歴書では、特に職務要約を書くのに頭をひねることになります。

職務経歴書についてはこちらの記事で解説しています。

40代50代|職務経歴書「職務要約」「職務経歴」|転職多い場合の書き方

 

キャリアの棚卸し

キャリアの棚卸しは面倒くさいと思います。

過去を思い出し、真剣に自分を見つめ直すのは初めての経験だと思います。

しかしこれを省略すると、転職活動が進まないものです。

キャリアの棚卸しについてはこちらの記事で解説しています。

キャリアの棚卸しのやり方【40代50代の転職活動では非常に重要です!】

 

登録する転職サービスを探します。

40代だと、好案件は非公開求人であることがほとんどです。

40代以上は、転職エージェントから個別に紹介される「非公開求人」に応募しないと転職活動が進みません。

自分に合った適切な「非公開求人」を紹介してくれる転職サービスを探すのに時間がかかります。

転職サービスの探し方についてはこちらの記事で解説しています。

40代50代のハイクラス転職におすすめの「転職サイト」「転職エージェント」一覧

 

求人案件を検索

登録した複数の転職エージェントのサイトと転職サイトを巡回します。

検索条件により抽出された求人案件を見分けていきます。

設定した検索条件は保存できます。

検索条件は何度か組み替えてみることになります。

絞り込んだ求人案件といっても何百件になります。

目で追っていくのが大変です。

 

膨大な量の求人案件を読み込む

気になるものがあれば開いて読み込みます。

業務内容が自分に合っているのか考えます。

求められる要件に自分が該当しているかチェックします。

勤務地までの通勤時間を調べます。

気になる求人案件なら、その会社について調べます。

応募の判断をします。

 

転職エージェントから紹介された求人案件やスカウトを読み込む

自分で抽出した求人案件とは別に、

  • 転職エージェントから紹介された求人案件
  • スカウトにより送られて来た求人案件

については、より念入りに読み込みます。

 

求人案内メールを読み込む

求人紹介とは別に、メルマガ形式の求人案内メールもたくさん来ます。

AIによるマッチングもあれば、一斉メールに近いものもあります。

転職サービスによっては、単なるマッチング求人をスカウトと名付けているケースもあります。

せっかくなので読みますが、読み込みの時間は重要度と比例して時間を使うようにします。

 

職務経歴書の随時ブラッシュアップ

キャリアの棚卸しの後、ブラッシュアップします。

転職エージェントとの面談での気付きによりブラッシュアップします。

企業面接での気付きによりブラッシュアップします。

転職活動が滞る度にブラッシュアップします。

 

企業面接

面接は有給休暇を使うことになります。

簡単に企業面接にはたどり着けませんので、頻繁に有給休暇を取らなければならない心配はありません。

面接対策に関してはこちらの記事で解説しています。

40代50代面接対策|ハイクラス転職面接の準備、服装、当日の流れ

このように転職活動にかかる時間は膨大です。

会社辞めたい40代は活動時間を確保しましょう。

 

会社を辞めたい40代は適切な転職エージェントと転職サイト選びを

転職エージェント

Computer vector created by pch.vector - www.freepik.com

転職サイト、転職エージェントに登録するところから転職活動は始まります。

  • 登録している転職サイト、転職エージェントが間違っている可能性はありませんか?
  • 登録している転職サイト、転職エージェントが少なすぎることはありませんか?

筆者の場合、転職活動の初期は間違っていたし、少なすぎました。

 

一般の転職サイトに「公開されている求人」は若い方向けが大半です。

40代以上は、転職エージェントから個別に紹介される「非公開求人」に応募しないと転職活動が進みません。

転職エージェントから「非公開求人」を紹介してもらうためには、以下のどちらかです。

  • 40代以上に適切な転職エージェントに登録する
  • ヘッドハンティング型転職サイトに登録して、その中で転職エージェントにヘッドハンティングされる

それぞれの転職エージェント、転職サイトには転職業界内でのポジショニング(サービスの立ち位置)があります。

それぞれ得意とする年収グレードや職種、業界、年齢層、ターゲットが異なるわけです。

登録して使い始めてみると、自分と相性がいいのかどうかが更によくわかってきます。

そして40代以上は多くの転職サービスに登録しないと、適切な求人案件に巡り会うところまでたどり着けません。

無料ですので、適切な転職サイト、転職エージェントに複数登録し、使いこなすかが成功へのキーファクターとなります。

あなたに相性がいいかどうかは、登録して活用してみるまでわかりません。

そのため、複数に登録することが肝心です。

 

おすすめの転職エージェント、転職サイト

全て、実際に登録活用したサービスです。

リクルートダイレクトスカウト

CAREER CARVER

  • 人材転職業界最大手のハイクラスヘッドハンティング型転職サイト
  • 年収800〜2,000万円の求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ
  • 質の高いハイクラス求人案件が豊富
  • 登録も活用も無料

リクルートダイレクトスカウトサイトはこちら

JACリクルートメント

  • 年収600万円からのミドル・ハイクラス層向けの転職支援に強い
  • マネージャー(管理職)・管理部門の求人が多い
  • キャリアアップ、ハイクラス転職を狙っている人向き
  • 外資系・グローバル企業に強い
  • サポートが良質
  • 登録も活用も無料

JAC Recruitment公式サイトはこちら

doda

  • 大手転職会社パーソルのメインサービス
  • 業界最大級の利用者数
  • サイトに掲載されている求人情報の数は国内最大級
  • 正社員のお仕事を中心に、さまざまなサービスを展開
  • 幅広い職種を紹介可能な総合型エージェントサービス
  • 登録も活用も無料

DODA(デューダ)公式サイトはこちら

ビズリーチ

  • CMでもお馴染みのハイクラス転職サービス
  • さらに年収をアップしたい方向け
  • 幹部職も多数
  • 年収600万円以上の求人が大半
  • ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイト
  • スカウトが受けられる
  • 登録無料

ビズリーチ公式サイトはこちら


  • キャリアコンサルタントが親身だと評判の転職エージェント
  • 人材業界の大手の一つ、株式会社パソナ展開するサービス
  • 「パソナ」は、人材派遣会社のイメージが強いが、転職エージェントとしても評判が高い
  • ミドル世代以降の転職支援実績も豊富
  • 非公開求人が8割
  • 登録も活用も無料

パソナキャリア公式サイトはこちら

リクルートエージェント
リクルートエージェント

  • 業界最大手のリクルートだから安心
  • 圧倒的な求人数
  • ほとんどの業種や職種に対応してもらえる
  • 20代~50代まで幅広い年齢の方に対応
  • 直接紹介される「非公開求人」の数は業界随一
  • 登録も活用も無料

リクルートエージェント公式サイトはこちら

コトラ
コトラ

  • プロフェッショナルなポジションをご紹介する転職エージェント
  • 銀行や証券、ファンド、コンサルティングファーム、経営幹部に強い
  • 製造業の各業界のハイクラス層に強い
  • 戦略コンサルや財務アドバイザリーのコンサルタントに強い
  • メーカー等事業会社の経営職や管理系のポジションに強い
  • 登録も活用も無料

コトラ公式サイトはこちら

 

▼あわせて読みたい記事▼

転職活動手順
転職活動の手順をステップごとに徹底解説|40代50代の転職成功!

一般的には、40代50代の転職は大変厳しいといわれています。 そんな中、転職に成功している人も多くいます。 40代50代の転職方法は、20代30代の転職方法と異なる点があります。 40代50代の転職成 ...

続きを見る

 

Office vector created by stories - www.freepik.com

  • この記事を書いた人

ユージ

私は50代で2回の転職経験があり、どちらも年収1000万。40代でも2回の転職経験があります。(追記:ブログ開設後に50代で3回目の転職に成功しました)キラキラの経歴ではないところから転職をしてきています。もちろん転職活動では苦労をしました。流石にミドルから複数回の転職を経験をすると、様々な転職ノウハウが蓄積されるものです。ネット上には、転職者本人が実体験に基づく情報やノウハウをお伝えする情報が少ないので、私が解説しようと思いました。 もっと詳しく読む→詳しいプロフィール

-転職活動の進め方